• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 赤西仁「男性同伴コンサート」で女性ファン大混乱!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤西仁「男性同伴コンサート」で女性ファン大混乱!


 まるで“出会い系コンサート”!? 元ジャニーズタレントの赤西仁(31)が、突拍子もないコンサートを開催するつもりだ。圧倒的多数の女性ファンに対し「男性同伴」でなければチケットを購入できないというとんでもない条件を提示した。その結果、ファンは大混乱。ネット上では「どなたか一緒に行ってください」と、出会い系サイト同然のやり取りが交わされている。赤西はいったい何を考えているのか?

 昨年2月末でジャニーズを辞めた赤西。これまでジャニーズを辞めると、数年間は苦戦を強いられるというのが芸能界の“常識”とされてきた。そのままフェードアウトしてしまうタレントもいる厳しい環境で、赤西もその一人になるのではとみられていた。

 だが、先日発売した昨年のツアーDVD「JIN AKANISHI“JINDEPENDENCE”TOUR 2014」がオリコンDVD総合チャートで2位につけるなど予想以上の人気ぶり。今年も7月から全国ツアーを展開中で、追加・再追加の公演も決まるなど、精力的な活動を続けている。

 そんな赤西が挑戦しているのが「来場者が男性を含むグループであること」という条件付きスペシャル公演だ。

 ある音楽関係者は「ツアーは9月末まであるんですが、最終日前日の東京・渋谷公会堂でのコンサート(24日)では、女性ファンだけではチケットが買えないという試みをしている。男だけとか、女性も男性同伴でなければいけないという形態を取っているんです」。

 ただ、赤西は元ジャニーズ。当然、ほとんどのファンが女性だ。そのため、ある問題が起きているという。前出の音楽関係者は「大混乱ですよ。これまでのコンサートでどれだけの男性ファンがいたかってことですし、ジャニーズタレントを必死になって追いかけている女性ファンで、男友達がいっぱいいる人ってそうはいない。赤西も例外ではない。それでも行きたい女性ファンがネット上で『一緒に行ってくれる男性募集』という書き込みをしている始末です。半ば出会い系サイトのような雰囲気になっているのです」と明かす。

 ジャニーズタレントが好き、または嫌いじゃない男性も少なくないだろうが、コンサートに行くとなると格段にハードルが上がる。「結婚していて旦那さんがいる人でも、一緒に行ってくれないといった嘆きの書き込みもある。みんな泣いてますし“出会い系コンサート”なんてちゃかされていますよ。赤西が、ファンの出会いの場を作るためにやるなら別ですけど、目的は多分そうじゃないでしょうからね」と同関係者。

 ジャニーズ時代ならあり得ない形式だが、辞めたからこその赤西のチャレンジかもしれない。近年は福山雅治(46)が男性限定ライブを大成功させ、AKBグループが女性限定公演などを開催している。

 レコード会社関係者は「アーティストの中には同性ファンを大事にしたいとか、一定の同性ファンを持っていたいという願望もある。同性ファンが多いと息が長いといわれますからね。同性から支持を得るために外見だけじゃなく、音楽そのもの、コンサート内容などで視点を変えることに挑戦したいのもあるのでしょう」とも語る。

 赤西の新たな試みはアーティスト意識の芽生えなのだろうが、果たして吉と出るか、注目だ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【平昌五輪】羽生結弦、小平奈緒、女子団体追い抜きが金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
チャンピオンカップ(25日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!