• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 【SKE】松井玲奈「ステージ激走」失敗で運動音痴を“自慢”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【SKE】松井玲奈「ステージ激走」失敗で運動音痴を“自慢”


山田樹奈(左)と競走する松井玲奈

 8月いっぱいで「SKE48」を卒業する松井玲奈(24)の卒業コンサート初日公演が、29日午後5時過ぎから愛知・豊田スタジアムでスタートした。

 オープニングでステージに“主役”の玲奈が登場し「待ちに待った豊田スタジアムのコンサート! 最後の最後まで盛り上がってくださいね!」とあいさつすると、3万人のファンから“SKEコール”が起こる。

 1曲目「パレオはエメラルド」から「チョコの奴隷」「1!2!3!4! ヨロシク!」「青空片想い」「片想いFinally」まで5曲連続でシングル曲を披露。その後、今年2月に公開されたSKE48ドキュメンタリー映画で、玲奈が練習中に腰痛で倒れたシーンで知られる「ピノキオ軍」を元気いっぱいに熱唱した。

 卒業コンサートのセットリストを考えたのは玲奈本人だ。最初のMCで玲奈は「スタッフさんに協力していただきながら、(メンバー)全員が主役になる、SKE48の未来を見てもらうセットリストを考えました。最後までお祭り騒ぎで見てくださいますか~!」と会場に呼びかけると、ファンは大歓声で応えた。

 また、25日に行われた「AKB48グループ対抗 大運動会」の話題では、大場美奈(23)が「1位は取れなかったけど、2~4位までをSKEが独占しました」と報告。最後の競技・チーム対抗リレーでは、メンバーの頑張りに宮澤佐江(25)が感動で号泣したほどSKE勢の奮闘が目立った。

 しかし、不参加だった玲奈は「私は出てないので、私の走りを知らないでしょ。ウオーミングアップはできてます!」と急きょステージ上での全力疾走を宣言。足が速い山田樹奈(17)と2人で競争することになったが、玲奈は途中で息切れし、完走もできずじまいだった。「ダメだね…ここで疲れちゃったね」と玲奈が苦笑すると、メンバーからは「オバちゃん!」と笑い声が飛んだ。

 運動が苦手な玲奈は「私は体力測定で判定不可だったんですよ。でも、唯一、ちょっと点がもらえたのが反復横跳びだったんです」と自慢げに明かした。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!