• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 「℃―ute」矢島舞美 報道陣も感心させたマジメエピソード

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「℃―ute」矢島舞美 報道陣も感心させたマジメエピソード


写真集の発売記念握手会を行った矢島舞美

 アイドルグループ「℃―ute(キュート)」の矢島舞美(23)が21日、都内で8冊目の写真集「Nobody knows23」の発売記念握手会を行った。

「℃―ute」のリーダーだけでなくハロプロ全体のリーダーも務める矢島。今回の写真集について「普段の私じゃない私を見せたかった。メンバーの中島早貴ちゃんに『いつもと違うね』とほめてもらえたので『よっしゃー』って感じでした」と大満足の様子だった。

「℃―ute」は今年で結成10周年。「10年たって新しい道を選んだ仲間たちもいます。私たちも話し合ったけど『この道しかないね!』と逆に絆が強まった」と、さらなる飛躍を誓った。

 これまでハロプロのリーダーは「モーニング娘。」のリーダーが務めていた。その意味では、矢島がハロプロの歴史を変えたわけだが「彼女のリーダー就任はみんなが納得している。それほど信頼が厚い。何ごとにも一生懸命だし、とにかくマジメで謙虚。みんな一目置いているんです」と、テレビ局関係者は言う。

 矢島の“マジメぶり”を示すこんなエピソードがある。過去のイベントで、開始時間が5分ほど遅れたことがあった。

「大した遅れではないから、報道陣は特に気にする様子もなかった。こんなこと、イベントではよくあること。その日のイベントも、普通に終了したんです」(同)

 ところが報道陣が帰ろうとしたところ、矢島が「今日は私が遅れてすみませんでした!」と、いきなり頭を下げたという。実は開始時間が遅れたのは、矢島の乗った電車の遅延が理由だったのだ。

「報道陣は別に気にもしていなかったうえ、矢島が遅れたことも知らなかった。言わなきゃ誰も分からないのに、わざわざ自分から謝罪した。それを知って報道陣も感心していた」(同)

 この謙虚な姿勢で厚い信頼を得たようだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】GIII「レディース笹川杯」 new
ボートレースとこなめで開催されるGIII「レディース笹川杯」の選手インタビュー、推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【千葉競輪】GIII滝沢正光杯
選手インタビュー、推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
参加者は150人限定。“初代チャンピオン”を目指そう!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は若松ボート・SG「メモリアル」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!