• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > きゃりー“暗号破局”の裏にドロドロ恋愛模様 セカオワFukaseに「遊び人疑惑」浮上

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きゃりー“暗号破局”の裏にドロドロ恋愛模様 セカオワFukaseに「遊び人疑惑」浮上


理想の若手カップルだったFukase(左)ときゃりぱみゅ

 かねてオープン交際を続けてきた人気4人組バンド「SEKAI NO OWARI」のボーカル・Fukase(29)と歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(22)との破局(本紙既報)の衝撃情報が浮上した。Fukaseは、芸能史上初と言ってもいい「暗号での破局発表」で注目されたが、2人を知る音楽関係者の間で、破局原因として“ある女”の存在もささやかれている。

 Fukaseが今月7日未明にツイッター上で「question」と質問を投げかけ「12 11552 21」と、数字の順に白、赤、黒、赤、黄、黒、赤、紫、紫の各色を使ったイラストを公開。この“暗号”をファンが解読し、白字の「1」が「WHITE」の1文字目、つまり「W」というように当てはめていくと「WE BROKE UP(私たちは破局しました)」と読み解くことができると話題になった。その後、破局の真偽、原因も話題になった。音楽関係者によれば「破局は最近のこと。2人で話し合った末に別れを決断した」という。だが、原因については今も明らかになっていない。

 きゃりーといえば、昨年10月にジャニーズのアイドルグループ「NEWS」の手越祐也(27)との密会を写真週刊誌「フライデー」で報じられ“二股疑惑”が浮上。

 以前からFukaseはツイッターで「もう2年だけどね」ときゃりーとの交際を認めるなど男気あふれる姿を見せていたこともあり、ネット上では「遊びたい盛りのきゃりーが原因では?」と推測するファンの声が多いが、実際はどっちもどっちというのが真相のようだ。

 Fukaseときゃりーをよく知る音楽関係者は「交際を“美談”で語られることが多かった2人だけど、Fukaseだって、いろんな悪さをしているし、それはきゃりーの耳にも入っていたはずだ」と断言する。 別の在阪の音楽関係者も「都心では恋人のきゃりーもいるし、派手に遊んではいないみたいだけど、他では別。有名な話なら、大阪の大手イベント会社の美人スタッフとの仲ですね。大阪など地方でFukaseは女性イベンターを食いまくっているという話は音楽関係者の間では有名だった。誰でも知ってる女性芸能人とのよからぬ仲だってあったんだから」と注目証言している。相手がスタッフでも許せないところに、同じ人気女性タレントと遊んでいたとあれば、きゃりーが別れを決断するのも仕方ない、といったところだろう。

 関係者の間では、きゃりーが、Fukaseの地方などでの遊び人ぶりに不満を感じて「仕返しをする気持ちで手越と遊んでたんじゃないか?」「遊び人の手越に男の気持ちをアドバイスしてもらってたんじゃないか?」などの声も浮上。今回の破局もそうした「遊びたい盛りの異性問題じゃないか」という声が数多く上がっているという。

「お互いにまだまだ若いし、今が一番モテる時期でもある。2年も付き合っていれば、男女問題の一つや二つはあるでしょう。2人が男女問題でケンカした話は聞きますからね。2人を取り巻く周囲はきれいなイメージを保ちたいんでしょうが、2人は遊んでますよ」(前出の在阪音楽関係者)

 10~20代の若者に人気の理想のカップル同士だったが、ナゾの“暗号破局”の裏に実は年相応のドロドロした恋愛模様があったようだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【四日市競輪】GⅠ全日本選抜競輪
新田祐大が6回目のGI制覇を達成!

「平昌五輪」羽生結弦、小平奈緒が金メダル!
4年に一度の大舞台に挑む注目選手の情報、競技速報をお届けします!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
たんぽぽ賞(20日、佐賀競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!