• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 主演ドラマ惨敗の原因は松嶋菜々子“賞味期限切れ”か


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主演ドラマ惨敗の原因は松嶋菜々子“賞味期限切れ”か


ついに“視聴率女王”から陥落か

 ドラマ「家政婦のミタ」(2011年、日本テレビ系)で視聴率40%を記録し“視聴率女優”と呼ばれた松嶋菜々子(41)が久々に登場したTBSテレビ60周年特別企画ドラマ「レッドクロス~女たちの赤紙~」(1、2日)が、惨敗に終わった。主演の松嶋が従軍看護婦を演じ、夫役の西島秀俊(44)ら豪華キャストが揃ったが、出演者もスタッフも喜べない数字。原因は、松嶋の“賞味期限切れ”か、それとも――。

 ドラマは戦後70年とも重なり、松嶋演じる従軍看護婦・天野希代が、満州事変から朝鮮戦争までの激動の時代に翻弄されながらも、必死に生き抜いていく重厚な物語。

「とにかくTBSの気合はハンパじゃありませんでした。軍医役の笑福亭鶴瓶や祖父役の山崎努、若手俳優のなかで抜群の演技力を誇る工藤阿須加などが顔を揃えた。TBSの『絶対に当てる』という気合がヒシヒシと伝わってはいたのですが…」(制作会社幹部)

 ところが、視聴率は1日が8・2%、2日が10・7%ととても合格点とは言えないものだった。

「同じくTBSの60周年の看板をつけ、7月12日に最終回を迎えた連続ドラマ『天皇の料理番』が平均14・9%と、木村拓哉の『アイムホーム』を超え4月クール1位と好調だっただけに、同じ時代ものということで松嶋のスペシャルドラマにつながると期待されていた。『13%が及第点、15%超えなら社を挙げてお祝いだ』と盛り上がっていたんですが、この数字では誰も喜べない」(TBS関係者)

 こうなると主演の松嶋に批判が出るのも仕方ない。実は、撮影現場のスタッフの間で、松嶋の演技に対し、不安の声が漏れていたという。

「クランクイン直後から『大丈夫?』という声がやたらと聞こえてきていたんです。松嶋の役どころは日本軍の方針に矛盾を感じながらも、修羅場と化した野戦病院で命の重さを最優先に、孤軍奮闘する従軍看護婦。なのにモニターを見ても全然、必死さが伝わってこない。多くの人間の生き死にを目の当たりにし、冷静さを保つのが難しい狂気に満ちた戦場ですよ。なのに松嶋は笑顔を絶やさない。けが人を前にしても険しい顔で『大丈夫?』としか言わない。喜怒哀楽の感情が伝わってこないんです」(事情通)

 そもそも、松嶋を巡る演技不安説は今に始まったことではない。

「以前から“大根説”はあった。本気で怒ったり泣いたりする演技ができないと言われ続けてきたんです」(某プロデューサー)

 ところが、あの伝説的ドラマ「家政婦のミタ」で40%という驚異的な数字を叩き出し、名実ともに視聴率女優となった。

「『ミタ』では感情を押し殺した能面のような演技がウケました。あの演技力はすごいと…。でも一部関係者の間ではあれは演技ではなく、素を見せているだけと散々な言われようだったんです」(ドラマ関係者)

 数字は取ったが、それは演技力によるものではなかった、というのだ。それでも「勝てば官軍。視聴率40%で、大女優の仲間入りは果たしたんです」(同)というだけに、4年ぶりの主演作「レッド――」にはドラマ関係者も大注目していた。それが…。

「最低ラインの13%はおろか、1話平均は1桁ですから、松嶋が主演を張る時代は終わったという人さえいます。振り返れば『ミタ』が全盛期だったということになりそうです。ならば一度NGを出した『ミタ』をもう一度やればいいじゃないとなるかもしれませんが、松嶋は『イメージが定着するからイヤだ』と。日テレとは続編を巡って大もめにもめた末に絶縁状態となっているから、無理でしょう」(同)

 どうやら松嶋の賞味期限は、切れてしまったということか。

 夫の反町隆史(41)は10月から放送される人気ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)の4代目相棒役に起用が決まったが、女優・松嶋はどこへ行くのか。

(視聴率はビデオリサーチ調べ。関東地区)

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!