• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 赤坂晃 光GENJI復活を否定「体が動かない」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤坂晃 光GENJI復活を否定「体が動かない」


ヒロイン役の伊織あい(左)と赤坂晃

 元「光GENJI」の赤坂晃(42)が、約8年ぶりに“芸能界復帰”を果たした。この舞台「ニライカナイ~ウロボロスの宝玉~」(4~9日、東京・新宿シアターモリエール)で赤坂は、沖縄の離島をリゾート地化するため用地買収計画を進めるも、島の住人との交流により人間のあり方を考え始める主人公を演じる。主人公の妹的存在であるヒロインには、アイドルグループ「お掃除ユニット川越CLEAR’S」伊織あい(27)が抜てきされた。

 伊織は「(赤坂は)すごく優しくて、緊張がほぐれるように話しかけてくれます。優しいです」。舞台はまだ3回目の伊織だが、赤坂も「センスがいいです。ビックリしました」と評価している。

 今回の復帰に際し、赤坂は光GENJIのメンバーに報告したのか?

「そういうのは全然ないですね。(連絡も)ないです。それぞれ皆さん活動しているのは、ニュースで見ることはあるんですけど『みんなも頑張っているんだな』という気持ちで見ています」

 今年は光GENJIが解散して20年。再来年の2017年は結成から30年という節目の年だ。そこで業界でまことしやかにささやかれているのが光GENJI復活説だ。

「30周年のタイミングで一夜限りでも復活できないかと動いている人がいると話が出ている」と芸能プロ関係者。

 ただ赤坂は「(復活は)しないんじゃないですか。いや~、できないですよね、やりたくても。体が動かないんじゃないですか。僕もいまやれと言われたらムリですね」と笑顔で否定した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!