• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 「キスマイ藤ヶ谷と瀧本美織の熱愛」否定しないジャニーズの不可解対応

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「キスマイ藤ヶ谷と瀧本美織の熱愛」否定しないジャニーズの不可解対応


キスマイの藤ヶ谷太輔との熱愛が発覚した瀧本美織

 ジャニーズの人気グループ「Kis―My―Ft2」の藤ヶ谷太輔(27)とNHK朝ドラのヒロインまで務めた瀧本美織(23)の熱愛発覚はファンを含め、業界を震撼させた。しかし多くの関係者が首をかしげたのはジャニーズの対応だった。

 今月上旬、週刊文春が報じた熱愛報道に衝撃が走った。藤ヶ谷はグループの中でも人気メンバーだったが、この報道直後から「担降り」の言葉がネットをにぎわした。「担当を降りる」という意味で、担当とはファンの意味。藤ヶ谷のファンをやめて、違うタレントに鞍替えすると言いだすファンが続出した。

 露出も増えて人気上昇中のグループだっただけに、この熱愛はファンにとってショックだったようだ。さらにその動きに拍車をかけたのが、ジャニーズの「プライベートなことなのでコメントすることはありません」という対応だった。

 あるテレビ局関係者は「ちょっと驚きましたよね。ジャニーズタレントが熱愛を報じられたときの対応とは思えない」と指摘する。

 ジャニーズ事務所は熱愛報道に対し、これまでは「お友達の一人」「2人きりではない」などと、熱愛関係ではないと必死にアピールしてきたものだ。

「『プライベートなこと』と割り切ってしまうのは、半ば熱愛を認めてることと同じですからね。ジャニーズのファンというのはタレントに対して仮想恋愛をしている。だからこそ、熱愛報道に過敏になるし、そんなファンからしてみたら、彼女がいると堂々と事務所も半ば認めているようなタレントについてはいけないってことですよ」と同関係者。

 藤ヶ谷が一気にファンをなくしてしまうのも致し方がないところだろう。しかし、ある芸能プロ関係者は「ジャニーズも昔ほど恋愛に厳しくないという流れにはなってきているし、むしろ、事務所がふさわしい相手と判断したときには陰で後押しするくらいのこともあるが、表立っては認めない。それでも暗に認める回答というのはやっぱり“派閥争い”の結果かなと見てしまう」と語る。

 今年初頭にメディアをにぎわした、ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子副社長とSMAPの育ての親で敏腕マネジャーのI女史の争いだ。メリー喜多川副社長が週刊文春でのインタビューに「うちの事務所に派閥があるとすれば、それは私の管理不足です。事実ならば許せないことですし、あなた方にそう思わせたとしたら、I(記事中は実名)を注意します。今日、辞めさせますよ」という言葉で終止符が打たれたように見える。

 しかし同関係者は「誰もその抗争が終わったとは思ってませんし、キスマイはI女史案件ですからね。うがった見方かもしれませんが、I女史の置かれている立場から考えれば『主流じゃないからという判断があったのでは?』とかんぐってしまいますよね」。この2人の行く末はどうなるか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンはセネガルと引き分け1勝1分。次戦は28日にポーランドと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!