• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > ゆきりん NMB兼任解除→NGT兼任へ「鹿児島出身なのに…」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆきりん NMB兼任解除→NGT兼任へ「鹿児島出身なのに…」


 NMB48との兼任解除が発表されたAKB48・柏木由紀(23)が24日、大阪市内のNMB48劇場での最後の公演に出演した。

 柏木は昨年2月にNMB48チームNとの兼任が発表され、約1年活動。この日の公演は「柏木由紀を送る会」と題されたが、開始早々からイジられまくった。

 多忙のため、劇場公演に出演したのは初日、柏木の誕生日を祝う生誕祭、そして今回の送る会のわずか3回だけ。山口夕輝(21)が「ゆきりんさん、お久しぶりです! ムダなく、スマートでしたね」と言えば、岸野里香(20)も「テレビの向こうの遠くから見てたわ」と言いたい放題。さすがの柏木もこれには「申し訳ない!」と謝るしかない。

 それでも公演では、さすがの存在感を見せる。曲中で衣装を脱ぎ捨てるド派手なパフォーマンスがウリの「ジッパー」で“ラスト生着替え”を披露し、観客を沸かせた。

 さよならセレモニーではメンバー一人ひとりからお別れの言葉をもらい、風呂嫌いとあって入浴剤と寄せ書きがプレゼントされた。

 柏木は「兼任する意味とか、なじめるかどうか不安がすごいあった」と決まった当時の気持ちを吐露。それがライブツアーなどを通じて解消されたという。

「ツアーで『今までのライブで一番熱いライブでした』と言ったのをすごく覚えている。ウソでも気を使ったワケでもなく、そのとき心から思った。そのライブぐらいから兼任できてうれしいなと思い始めた」

 続けて「AKBだと個人の力が試されることが多い。兼任でグループになることの大切さとか、当たり前のことを改めて学ばせてもらった」と感謝した。

 また、柏木は今後、10月に新潟で発足するNGT48を兼任することも発表された。「次は新潟に行ってくる。鹿児島出身なんだけどね。よくわかんなくなってきた」と予想外の出来事の連続に驚きを隠せない様子だ。

 最後は「新潟に行くんですけど、同じAKB48グループとして心からNMB48がてっぺんを取ることを期待しています」とNMBにエールを送った。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!