• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > ジョニー・デップも悩まされる「ピエロ恐怖症」が欧米で拡大中

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョニー・デップも悩まされる「ピエロ恐怖症」が欧米で拡大中


「道化恐怖症」と告白しているデップ

 欧米で「ピエロ恐怖症」が広がっているという。本来、かわいらしい道化役のイメージだが、最近では様々な理由から「恐怖を感じるキャラクター」に変わってしまった。

 映画「バットマン ダークナイト」のジョーカーや、米人気テレビシリーズ「アメリカン・ホラー・ストーリー」の殺人ピエロ「ツイスティ」は恐ろしいピエロを印象づけた。

 フランスでは昨年、ピエロの扮装で通行人を脅すいたずら行為が横行、若者が1人逮捕された。凶器を振り回して少年少女を追い回す「偽ピエロ」が出現し、フランス北部からパリの街を恐怖に陥れている。

 発端の一つとされているのが、ネットのおバカ「チャレンジシリーズ」だともいわれる。フランス東部ではピエロ対策にバットや催涙ガス、ハンマーにこん棒を用意し、街を守る少年自警団も生まれ、英国などでも対策に乗り出さなくてはならないほど広がりを見せている。

「『ピエロが恐ろしい』という感覚はもともとあり、道化恐怖症と呼ばれている。ピエロを見ると動悸が激しくなり、泡を吹いて倒れる、気を失って失神するなどの症状が出る人もいます。米国では7人に1人の確率でピエロが怖いと感じる人々が存在するともいわれます。欧米はサーカスが盛んで、幼年期に見たピエロの姿がトラウマとなり、何を考えているのかわからない不気味な表情に、危害を加えられるという意識につながっているとされます」(米国在住ジャーナリスト)

 人気俳優のジョニー・デップ(51)も「道化恐怖症」と告白しており、克服するためにあえて身近にピエロのグッズなどを置いているという。

 折しも、米ワーナーブラザースは人気作家スティーブン・キングの傑作長編「IT(イット)」の映画化を発表。主役となりそうな恐怖のピエロ「ベニー・ワイズ」を誰が演じるかに注目が集まっているが、さすがにデップはオファーが来てもやらないだろう。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!