• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > ものまね四天王23年ぶり集結 栗田貫一はバッシングを一蹴

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ものまね四天王23年ぶり集結 栗田貫一はバッシングを一蹴


左からグッチ裕三、モト冬樹、コロッケ、栗田貫一、清水アキラ

 かつて「ものまね四天王」と呼ばれたコロッケ(55)、清水アキラ(60)、栗田貫一(57)、ビジーフォー・スペシャル(グッチ裕三=63、モト冬樹=63)が29日、約23年ぶりに集結。都内で行われた、東日本大震災応援チャリティーコンサート「『ものまねキャラバンVol.5』~いま、ものまね芸人にできること~」を前に会見した。

 コロッケが中心となって行っているチャリティーライブも今回で5回目となった。これまで個々には会ってきたというが、四天王が勢揃いするのは約23年ぶり。モトが「一瞬で昔の感覚になれる。(当時は)濃密だったからな」と言えば、清水は「俺らチームワーク良かったもんな」とうなずいた。

 この日、最も注目を集めたのは栗田だ。先日放送されたTBS系「私の何がイケないの?」で、16歳年下の妻・大沢さやか(41)に対する態度や暴言が「あまりにもひどすぎる!」とネットを中心に大バッシングを浴びているからだ。

 四天王の他の面々もこの騒動を知っており、「テレビ見てもいつもと一緒だったので、こいつすげえやつ」(モト)、「性格悪いからな」(清水)などといじりたい放題だ。

 当の栗田は「うるせーよ、俺は普通なんだよと。女からのバッシング? 関係ねーよ。(世の中の)半分男なんだから。いいよ、男の味方がいれば」とどこ吹く風で一蹴した。

 なお、公演の収益はすべて被災地に寄付される。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【とこなめボート】GIIモーターボート大賞
注目選手のインタビュー、記者の予想などを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は福岡ボート「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!