• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > ローラ正念場 父有罪判決で“2人の父”失った

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローラ正念場 父有罪判決で“2人の父”失った


実父が有罪判決を受けたローラは何を思う…

“2人の父”が離れてしまう…。人気タレント・ローラ(24)の父で詐欺罪に問われたバングラデシュ国籍ジュリップ・エイエスエイ・アル被告(55)の判決公判が5日、東京地裁(横山浩典裁判官)で開かれ、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)の有罪判決が言い渡された。ジュリップ被告は帰国の意思を表明している。さらに、ローラが“東京の父”と慕っていた所属事務所の元幹部が、ローラの元を離れていたことが発覚。ローラにとってこれからが本当の正念場になりそうだ。

 お騒がせオヤジは、最後までお騒がせだった。公判は午前10時に開廷予定だったが、ジュリップ被告は「交通事情のため」(地裁担当者)約40分も遅刻。厳粛な司法の場が異例の事態に見舞われた。

 開廷後、横山裁判官から執行猶予を告げられ、「判決内容は分かりましたか?」と尋ねられたジュリップ被告。2~3秒固まり、ウンウンとうなずいて「ハイ…」と答えた。だが、直後に「もう一度」と通訳を介して説明を求める。量刑と執行猶予の意味と内容が分からなかったようだ。横山裁判官も困惑気味で、担当弁護士ですら苦笑いだった。

 判決によると同被告は東京・多摩市から約98万円、AIG(当時)から約19万円、第一生命から49万円の海外療養費、保険金をそれぞれだまし取った。

 ジュリップ被告は今後について、第2回公判(1月30日)で「バングラデシュに帰国して車の会社で働く」と語っている。愚父が日本から離れ、ローラは何を思うか…。

 一方で、ローラの“東京の父”と呼ばれた所属事務所幹部も、約1年半前に退社していたことが判明。芸能プロ関係者が明かす。

「ローラの事務所は社員数が10人程度で少ない。その幹部は、ローラの実質的なマネジメントも兼務していて、やり手だった。『ローラちゃん』と呼び実娘のようにかわいがっていて、彼女のブレークに多大に貢献。ローラもこの幹部を父のように慕っていた」

 2013年6月に、ジュリップ被告が国際手配されたニュースが流れた時も、この幹部がローラのために暗躍した。当時バングラデシュにいたジュリップ被告が虚偽の申請書を東京・世田谷区役所に提出し、海外療養費約87万円をだまし取った疑いで警視庁組織犯罪対策1課は逮捕状を取った。実父の容疑は、娘に飛び火しかねないスキャンダルに発展した。

「このトラブル処理で、幹部が陣頭指揮を執った。だけど13年10月に事務所を突然退社。逮捕状の一報が出た約4か月後だったため、事務所を辞めた理由をめぐって不穏な臆測が流れた。『トラブル処理がうまくいかなかったことの責任を取った』などとも言われたが、定かではない。突然の退社でローラは相当ショックを受けていた」(前出関係者)

 ローラにとっては、実父もいつ逮捕されるか分からない不安な日々を送っていたところに、“東京の父”が離れていった。さらに追い打ちをかけるようにジュリップ被告は昨年10月、詐欺容疑で逮捕された。

 ジュリップ被告には有罪判決が下り、事件は一応の決着を見たが、国際手配から約1年9か月に及ぶ過程でローラは“2人の父親”を失おうとしている。

「すでにテレビ番組のレギュラーを失い、今はCMやモデル業が中心。父親の事件が一段落し、ここからが本当の正念場。さらなる活躍で実父と“東京の父”を安心させたいところです」と前出芸能プロ関係者。どこまで頑張れるか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!