• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > TBS植田プロデューサーが語るドラマ「まっしろ」、女優・堀北真希

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TBS植田プロデューサーが語るドラマ「まっしろ」、女優・堀北真希


ページ: 1 2 3 4 5

堀北真希

 ドラマライター・上杉純也氏がドラマ制作者に作品への思いや制作秘話を聞くインタビュー企画「ドラマの仕掛け人に聞く」が今月からスタート。第1回は現在放送中の「まっしろ」、4月から放送開始の「ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜」を担当するTBSのプロデューサー・植田博樹氏が登場。終盤戦を迎えた「まっしろ」や主演を務める女優・堀北真希の魅力、さらにこれまで仕事をしてきた女優についての思いも明かしてもらった。

 ——ドラマ「まっしろ」は脚本を担当されている井上由美子さんのお父さんが入院されたときの体験談が元になっているとお聞きしました

 植田氏:企画の中身に関してはそうですね。2012年4月に「ブラックボード〜時代と戦った教師たち〜」というスペシャルドラマを放送したんですが、それを井上さんと作っていたときに「“黒”の次はじゃあ“白”かな」みたいな話になりまして。白いイメージから話はナースにつながるんですが、実は井上さんは、お父さんが入院していた際に日記を書かれていたんです。そこに残されていたのが“ナースの人にどれだけお世話になったのか”ということだったんですね。僕らは入院してみなければ、やっぱりお世話になるのはお医者さんだよねって思っているけど、いざ入院しちゃうと、ナースの存在感ってすごく大きいんだなっていうようなところからスタートしたっていう感じです。

 ——舞台になってる病院はセレブ病院という設定ですね?

 植田氏:実際にセレブ病院といわれる病院もありますが、劇中に出てくる病院の様子はおおむね架空ですね。日本でああいうファーストクラスのお客さん向けみたいな病院って、まだほとんど成立してないので。自由診療みたいなものは多少ありますけど、やっぱり医療費って保険の利く、利かないが大きいじゃないですか。そのあたりのコンセプト、“本当のホスピタリティーとは何か”みたいなことに踏み込んでみようという意図があったので、ビジュアルだとか部屋もホテル並みの感じになっているんです。

 ——現在、実際にはナースキャップをかぶっていない病院のほうが多いんですが、今回の劇中では、ナースキャップをあえてかぶっているっていうのもホスピタリティーの面を重視したという点が大きいワケですね?

 植田氏:そうです、そうです。ホームページの最初に「このドラマをご覧になる前に」っていうお断りがあるので、そこを見ていただければ分かると思うのですが、ビジュアルというか、見た目も含めて、ホスピタリティーなんだっていうことですよね。病院へ取材にうかがった時にお話を聞いていると、ナースみたいな方がやってきて、この人、ドクターだったのか!?みたいな。そういうことがあったりして。ちょっとクラシックなのかもしれないんですが、ナースキャップありにしたほうが、いいかなと思ってやったんです。

 ——キャスティングに関してなんですが、堀北さんを筆頭に、よくぞこれだけ綺麗なナースを集めていただいたなと。その中でも木村多江さんは、もともとフジテレビで放送された「大奥」に出ていたから、あえてリンクさせたということなのでしょうか?

 植田氏:実はそれは後で気づいたぐらいです。むしろ「ブラックボード」のときに、佐藤浩市さんの奥さん役を演じてもらって、すごく良かったので、それで多江さんの名前が上がったんですよね。だから、あとになって「あっ、そういえば『大奥』に多江さん出てたっけな」っていうくらいの感覚、イメージでした(笑い)。

 

ページ: 1 2 3 4 5
【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!