• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > ジャニーズ 山P「禁断の副業疑惑」でI女史の面目丸潰れ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャニーズ 山P「禁断の副業疑惑」でI女史の面目丸潰れ


「週刊文春」のインタビュー記事でジャニーズ事務所・メリー喜多川副社長から“叱責”を食らった敏腕マネジャーのI女史が、さらなる窮地に追い込まれる恐れが出てきた。“ジャニーズ女帝爆弾宣言”で徐々に追い詰められている、SMAP育ての親のI女史。その管轄下にある山下智久(29)が、親友で元同事務所の赤西仁(30)とビジネスタッグを組んでいるというのだ。“副業”がご法度なジャニーズだけに、再び帝国に激震が走りかねない――。

 SMAPを国民的スターに育てた敏腕マネジャーのI女史と、嵐や関ジャニ∞らを手がける実娘の藤島ジュリー景子氏。両者の“派閥抗争”は業界内ではもはや常識と化していたが、メリー氏は文春のインタビューで派閥の存在を否定した。

 そのうえでメリー氏は後継者がジュリー氏であることを明言。

 インタビュー中に呼び出したI女史を、派閥争いがあるのなら「どうぞ自分のところで(会社を)作ってください」と突き放し、SMAPについても「(嵐と共演しないのは)踊れないじゃない?」と、バッサリ切り捨てた。

 事務所に尽くしてきたI女史の面目は丸潰れ。さらに、メリー氏の意向を受け、民放各局のI女史人脈も事実上の解体に追い込まれるなど四面楚歌状態だが、さらなる“崖っ縁”に追い込まれてしまう事態が起ころうとしている。

「“I女史派”の山下が赤西とビジネス面でタッグを組んでいるんです。このことを、I女史はもちろん、ジャニーズ事務所にも内緒にしている。赤西が経営にも関与している自身のグッズ販売会社があるのですが、山下は“営業マン”として会社名を出しながら『〇〇でもグッズ販売できませんか?』など音楽関係者らにお願い。販売網の開拓に動いているんです」(ある芸能プロ関係者)

 山下といえば、赤西を中心に六本木・西麻布かいわいで遊ぶメンバー「赤西軍団」の一員で、赤西とは“双子みたいな関係”とまで例えられたこともあるほどだ。
 そんな山下は昨年6月に赤西、関ジャニ∞の錦戸亮(30)らと東京・六本木の路上で一般人とトラブルを起こしている。20代女性から携帯電話を持ち去り、返却するまで使用不能にしたとして器物損壊の疑いで書類送検もされた(不起訴)。

「昨年10月、山下は自身の主演映画の舞台あいさつで、ファンを前にスーツ姿で謝罪。当然、I女史ら事務所から『もう赤西と関わるな!』と厳重注意されましたが、山下が赤西グッズの“営業風景”を目撃されたのは今年に入ってからで、場所は六本木。事件を起こした場所ですからね。I女史の言うことをまったく聞いていないということでしょう。面目丸潰れですよ」(同)

 さらに深刻なのは、ジャニーズ事務所の鉄のおきてともいわれる“副業禁止”を犯す危険性もはらんでいるという。副業禁止では、KAT―TUNのメンバーだった田中聖(29)が何度となくこの禁を破って、2013年9月末、ついに解雇された例がある。

「ジャニーズを円満退社ではなかった赤西と、表立って手を組む業界人はなかなかいない。警戒される赤西の代わりとして、山下が積極的に営業活動をしているみたいですが、危ない面はある。友達だから手伝ったというレベルかもしれないが、赤西はグッズ会社の経営陣に山下を入れようとしている。もし金銭的な対価を山下が得ていたら副業になる。そうなれば、山下はもちろんI女史の管理責任も問われ、ますます立場は悪くなるでしょうね」(同)

 山下は11年にジャニーズのグループ「NEWS」を辞めてソロ活動に専念するようになってから、I女史がマネジメントしているが、ブレークしきれずにいる。そんな状況の中で、“副業”疑惑では、ますます事務所内でI女史の立場が危うくなってしまうだろう。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【とこなめボート】GIIモーターボート大賞
注目選手のインタビュー、記者の予想などを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は福岡ボート「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!