• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > KAT―TUNファンの反感を買った田中聖の「ある行動」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KAT―TUNファンの反感を買った田中聖の「ある行動」


元KAT―TUNの田中聖

 ジャニーズ事務所を解雇されて1年、11月に沈黙を破って再始動した元KAT―TUNの田中聖(29)だが、自ら墓穴を掘っていたようだ。

 田中は元「HIGH and MIGHTY COLOR」のメンバーなどを迎えてバンド「INKT」を結成。同月8日にはアルバム「INKT」を発売した。KAT―TUNの中では音楽面で重要なポジションにいたのが田中だっただけに、INKTの音楽も大いに期待されていた。ただ、売り上げは思ったほど伸びず。オリコンでもインディーズ週間アルバムチャートで2位に入るのが精一杯だった。

「総合では17位とトップ10にも入れなかった。インディーズだからしょうがない部分もありますが、翌週は同じインディーズで元KAT―TUNの赤西仁がアルバムでインディーズチャート1位。総合でも3位に入った。そう考えれば、田中は期待されたほどではなかったのかも」とはあるレコード会社関係者。

 この赤西との差は、ジャニーズ時代からのファンの数の違いかもしれないが、田中のある行動が「KAT―TUNファンの反感を買ってしまった」(事情通)という。

 この「ある行動」とは、田中が西麻布に構えていたバーを9月末に閉店させたこと。もともとジャニーズでは副業禁止だったにもかかわらず田中は店を続けていた。この店を経営し続けていたのが、解雇の一つの要因ともいわれていた。

 田中の再起に懸ける決意の表れとも取れるのだが、「少なくともKAT―TUNファンはそうは見なかった。どうせ店を閉めるなら、KAT―TUN時代に素直に辞めろって言いだしているんです。そうすればKAT―TUNを辞めることもなかったかもしれないし、残っているメンバーがつらい思いをしなくてすんだかもしれないのにということです。“身勝手な田中”という印象だけを残してしまい、KAT―TUNファンの田中を応援しようという熱が一気に冷めてしまったみたいです」と同事情通。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
園田クイーンセレクション(18日、園田競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!