• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 爆笑太田“ダメよ~ダメダメは俺が作った”と言い回るワケ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

爆笑太田“ダメよ~ダメダメは俺が作った”と言い回るワケ


年間大賞を受賞した日本エレキテル連合

 お笑いコンビ「日本エレキテル連合」(中野聡子=31、橋本小雪=30)が1日、都内で行われた「現代用語の基礎知識 2014 ユーキャン新語・流行語大賞」で前評判通り「ダメよ~ダメダメ」で年間大賞を受賞した。ところが、所属事務所の大先輩である爆笑問題・太田光(49)が「あのフレーズは俺が作った!」と周囲に言いふらしているという。後輩の受賞を横取りせんばかりの発言だが、そこには太田の隠された意図があった。

 エレキが“1番人気”に見事応えた。今年の大賞は「ダメよ~ダメダメ」と「集団的自衛権」(受賞者辞退)。トップテンには「カープ女子」や「レジェンド」などが選出された。

 大賞を受賞した芸人は一発屋で終わるというジンクスもちまたではささやかれる。エレキは「ネタはほかにもありますから! 来年、はやらすネタもちゃんと用意してあります! 12月24日に発売されるDVDでご確認ください!」とPRを交えてかわした。とはいえ来年は、今年以上にヒットへのハードルが高くなることは間違いない。

 この日は授賞式前、別の場所で太田がアニメ映画「かぐや姫の物語」のDVD発売(3日)にちなんだトークイベントに登場していた。登壇するなり、太田は「思ったよりマスコミの数が少ないね。流行語大賞があるからね」と、後輩の様子が気になっている様子。

 そんな太田が「俺が『ダメよ~』を作った!」と言っているというのだ。過去に太田は「流行語大賞を取りたい」と公言。「どゆこと!」「プーライ!」など数々のフレーズを作り出して、自分のレギュラー番組などで使用してきたが、トップテン入りすらままならなかった。それだけに、今回の発言は「後輩の手柄を横取りしたい」とも受け取れる。

 ところが、狙いは別のところにあった。実は「太田さんは芸人と流行語大賞にまつわるジンクスを吹き飛ばすためにわざと言いふらしている」と言うのはあるテレビ局関係者だ。

「太田さんは常々『ジンクスなんてバカらしい』という考えの持ち主。特に今年は後輩のエレキが獲得したことでよりその思いが強い。いろんな場所でフレーズを使うことでネタを風化させないという気持ちがある。もし、本当にダメになった時には『俺が作ったから』とフォローもできる」(同関係者)

 太田の気持ちに応えるように、エレキの2人も準備している。先日は“コント界のドン”である志村けん(64)とのコラボ(本紙既報)が実現。エレキは本紙に「自分たちはテレビコントで育ってきた。テレビコントで誰にもマネできない“エレキのコント”と言われるような独自のジャンルを築きたい」と語っていた。大物芸人のバックアップがあるだけに慢心さえなければ、来年以降も期待できるはずだ。

 また、大ヒット映画「アナと雪の女王」などを押しのけ、意外な選出となったのは、非公表の受賞者が辞退した「集団的自衛権」だ。

 永田町関係者は「去年の『アベノミクス』に続き、『集団的自衛権』で2年連続選出されたのはもちろん、安倍晋三首相です。それも去年は“辞退”したのではなく当日、来なかったのです」と“無断欠席”だったことを明かした。今回は事前に辞退の連絡はあったが、理由などは明かされなかったという。

 選考委員の漫画家やくみつる氏(55)は授賞式の冒頭で「大賞に選ばれる言葉は中立でなくてはいけないが、図らずも選ばれた2語を並べると巧妙なメッセージを発しているということをバラしておきます」と“予告”。つまり「集団的自衛権、ダメよ~ダメダメ」ということだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!