• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 健さん40年前のインタビューで「いろんな役をやりたい」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健さん40年前のインタビューで「いろんな役をやりたい」


健さんにインタビューする本紙・阪本記者(左、1975年10月)

【団塊記者の取材回顧録】俳優・高倉健さんが悪性リンパ腫のため、83歳で亡くなったことが明らかになった18日、日本中に激震が走った。1960~70年代にかけて任侠映画で一世を風靡し、その後も数々の名作に主演した健さん。本紙でもこの時期、何度もインタビューし、健さんはそのたびにキチンと答えてくれた。哀悼の意を込めて、その模様を振り返ってみる――。

 健さんを最初に取材したのは1973年6月下旬のこと。東映「山口組三代目」(山下耕作監督)に山口組・田岡一雄三代目組長役で出演していた際に東映京都撮影所で話を聞いた。

「実在の人だから、やりにくいですね。でも、人間的には興味があります。死に物狂いで生きてきた人で、ぼくにとっても良く分かります」
 この作品は“山口組礼賛映画”との批判もあったが「実際にあったことを、あったままでやるのはいいんじゃないですか。『ゴッドファーザー』もアメリカのマフィアを克明にやったものだし」

 映画は大ヒットして74年、続編「三代目襲名」が製作された。同年7月、同撮影所で撮影中に話を聞くと「面白いのをやれば客が入る。そのためには、各社の枠にこだわる必要はないんじゃないか。勝(新太郎)さんがウチの映画に出て、ぼくが勝プロの映画に出ると、交渉はどんどん広げていくべきだ」と力説。

「将来は(東映から)独立したい」と独立の意思を明らかにした。

 74年12月下旬には「日本任侠道・激突篇」(山下耕作監督)を同撮影所で撮影中にインタビュー。

「任侠ものに真正面から取り組んだものはここ1、2年やっていないので張り切っています」。同年の東映作品の配給収入は1位が「ゴルゴ13」、2位が「三代目襲名」と健さんの映画が1、2位を独占した。

 75年2月24日には、東映東京撮影所で「大脱獄」(石井輝男監督)に出演中の健さんを取材。当時は東映が任侠路線の打ち切りを決め、健さんは現代もののアクション映画に挑戦していた。

「(任侠映画は)飽きたというと語弊があるけど、やっぱりあれだけ続けると型にはまってしまって、新味が出なくなりますよ」。マンネリを嫌い、常に新しいものを求める映画人としての情熱を持ち続けた。健さんに「ファックシーンなんかはどうか?」と質問すると「ファックシーンがあるから新しいなんて、ぼくはちっとも思っていませんよ。例えばね『ラスト・タンゴ・イン・パリ』のマーロン・ブランドみたいな感じで、入れ墨しょった中年男が流れ流れて女郎部屋に入り浸り、女郎とセックスに明け暮れるみたいのだったらやっても面白いかもしれないけど、とにかくまがい物はだめ」と語気を強めた。

「いろんな役をやりたい。会社はなんとか路線ってすぐ決めたがるけど、そうじゃなくて、いろんなキャラクターの役をやっていきたい」

 75年10月17日、大映「君よ憤怒の河を渉れ」(佐藤純弥監督)のロケが行われた北海道・浦河町の牧場。勝さんと共演した「無宿」(74年、勝プロ製作・東宝配給)に続き、東映以外の作品で注目されていた。

「一つの会社だけでなく、ベストのキャスティングを組むためにも適材適所というのがこれからの映画には必要。東映も大映もないですよ」、「馬で北海道の原野を駆けめぐったり、セスナ機を飛ばしたりアクションをふんだんにこなします。ぼくの新しい面を見てもらいたい。これからは一本一本が勝負になるでしょうね」

 映画へのこだわり、情熱、粘り強い努力で前人未到の新境地を切り開いていった。(阪本)

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!