• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 巨人・坂本と田中理恵「やっぱり破局」の真相


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人・坂本と田中理恵「やっぱり破局」の真相


熱愛発覚から半年あまりで別れた坂本(右)と田中

 やっぱり別れていた! 巨人の坂本勇人内野手(25)と元体操選手でロンドン五輪女子日本代表の田中理恵(27=日体大助教)が、破局したことが本紙の取材で分かった。ともに親しい関係者に報告済みだという。今夏、一部報道で破局説が流れたこともあったが、実はごく最近まで交際は続いていたという。そして、今回の別れの決定的な原因は結婚観の違いとみられている。

 甘いマスクで球界きっての“モテ男”で知られる坂本と、“体操界のアイドル”こと田中の美男美女カップルが、ひっそりと終わっていた。

 関係者の話を総合すると、破局したのは少なくとも11日に開幕したプロ野球のクライマックスシリーズ(CS)以前で、原因については「結婚願望の強い彼女と、そうでない坂本選手との間に価値観の違いがあった。どちらかが振ったというわけではなく、きちんと話し合って別々の道を歩むことにしたようだ」(双方を知る関係者)という。2人とも親しい知人には「終わった」と破局をメールなどで報告している。

 2人の熱愛は今年3月、写真週刊誌「フライデー」で仲むつまじいツーショット写真とともに報じられた。共通の知人を介した食事会で知り合い、昨年末ごろに交際に発展したという。

 報道を受けて2人が交際宣言することはなかったが「オフィシャルに認めていないだけで、マスコミの間でも2人が付き合っていることは周知の事実だった」(同)。

 とはいえ、モテ男の坂本には別の女性との“火遊び”が幾度となくウワサされた。

「めちゃくちゃモテますからね。東京・麻布に坂本行きつけの料理店があるのですが、そこに連れて来る女性は毎回違う(笑い)。堂々としたもんでしたよ」(目撃者)

 女遊びが過ぎたのか、7月には一部週刊誌で田中との破局が報じられてしまったが…。

 前出の関係者は「多少のケンカはあったと思うが、その当時はまだ付き合っていた。坂本選手はある意味正直な性格で、別の女性と遊ぶ時も『俺、彼女いるから』と自ら申告するタイプ。裏を返せば、それほど田中さんのことを大事にしていたんじゃないか」と話す。

 7月の報道時に破局していたわけではなく、2人は最近まで交際を続けていたのだ。そしてCS前に破局してしまった。

 一方の田中にも“異変”が感じられる。ツイッターでのつぶやきが、ファンの間で「病んでいるのでは?」と心配されているのだ。

 今月19日には「ゆっくりゆっくりって言葉いつも落ち着く だから、今までの人生もゆっくりきた! 遅咲きの代表もゆっくりきたからだね 焦らない(ハート)」と、突如人生を述懐。16日には「いっぱい感謝(ハート) すごく感謝! 家族、兄弟、お友達、ファンの方々、心友、大好きな人たち、感謝! 恩返ししていこ♡ love.」とハイテンションで述べている。

 かと思えば、13日には「あまり、怒らない私ですが… 大事なことを守れない人は嫌いだな…」と“何か”があったことを示唆。先月29日にも「見た目で判断されるのって傷ついちゃうよね。でも、大丈夫だよ。中身を見てくれてる人もいるんだから」と意味深につぶやいている。

 田中のツイッターは本業の体操や愛犬ニコルとの日常が大半だけに、こうしたつぶやきは逆に目立つ形となり、ファンも心配しているようだ。

「坂本選手との交際で彼女も学ぶことが多かったみたいで、周囲に『次はもっと自分と(相性が)合う人と…』とこぼしているそうです」とは冒頭の関係者。しばらくは本業の体操指導・普及が恋人ということになりそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!