• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > ピーター・バラカン「Barakan Morning」終了を突然発表

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピーター・バラカン「Barakan Morning」終了を突然発表


 音楽評論家でラジオDJのピーター・バラカン氏(63)が15日、DJを務めるInterFM「Barakan Morning」を9月末で終了すると番組内で発表した。終了を説明する場面では局側との考えのずれを示唆する場面もあった。

「Barakan Morning」は2009年10月にスタート。1年の休止を経て、13年4月に再開した。番組では、バラカン氏が選んだ世界中のニュースや音楽を届けていた。

 バラカン氏はこの日の放送で、リスナーからの質問に答える中で「大変残念ですが、BARAKAN MORNINGも9月で終了することになりました」と突然、番組終了を発表。人気番組だけに発表直後からツイッターなどでは終了を惜しむ声が上がり、番組にも200以上のツイートが寄せられた。

 InterFMで長年ラジオDJを務めてきたバラカン氏は、12年にInterFMの執行役員に就任したが、今年6月30日をもって退任している。番組内では「僕が執行役員を退任した6月でこういうことがあるとは覚悟していました」と番組終了も予期していたと明かした。

 10月25、26日には自身が初めてオーガナイザーを務める音楽フェス「Peter Barakan’s LIVE MAGIC!」を開催する。同イベントはInterFMなど3社共催とあって「そこまでは大丈夫と考えていましたが、そんな甘いものではなかった」と話した。

 また番組では「僕が執行役員としてコマーシャルなことをやっていれば、こういうことにはたぶんならなかったんだろう。でもそういうことはできない。最初からコマーシャルなものを求めていたInterFMが僕を起用すること自体、ある意味間違っていたかもしれません」と、自身とInterFMの間に考えのずれがあることも示唆した。

 それでもバラカン氏は「一DJに戻り、いま僕が100%やりたいことをやっているのに悔いはない」と話し、残りの放送でも良質な音楽を届けることをリスナーに約束した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!