• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 業界注目の「6人の村人!」誕生きっかけはいいとも最終回


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業界注目の「6人の村人!」誕生きっかけはいいとも最終回


志村けん

 志村けん(64)にウッチャンナンチャンの内村光良(50)、さまぁ~ずの三村マサカズ(47)、ナインティナインの岡村隆史(44)、バナナマンの日村勇紀(42)、ロンブーの田村淳(40)の6人の人気芸人が共演するTBS系のスペシャル番組「6人の村人!全員集合」(20日、午後7時58分~)が放送前から話題になっている。

 同番組は、名前に「村」がつく人気芸人6人が一堂に会し、「村の会」を発足。売れっ子芸人たちの慰安旅行の一部始終をカメラが追うというもの。過去には共演経験もある6人だが、それぞれが番組でメーンを張る立場となった今では、以前ほど絡みはなくなっている。それだけに大物芸人たちによる“奇跡のコラボ”に期待が高まっているのだ。

 さらに、出演陣の顔触れにいわゆる“バーター的なにおい”が感じられない点も評価されているようだ。

 所属事務所は岡村と田村が吉本興業で、三村と日村がホリプロと同じ事務所もいるが、6人がそれぞれ正真正銘の売れっ子芸人でゴリ押しされているフシはなし。結果的に同じ事務所というだけで、人気的にも、格的にも見劣りはしない。

 今回の試みには、今春に放送された番組が、大きな影響を与えているのではという。「今年3月に放送された『笑っていいとも! グランドフィナーレ 感謝の超特大号』での『ダウンタウン』と『とんねるず』『爆笑問題』の“禁断の共演”です。業界内外で大きな反響を呼びましたからね。ああいうしがらみを感じさせない、刺激的な共演はテレビ苦戦が叫ばれて久しい昨今でも、視聴者からもきちんと評価されています。バラエティーを中心に業界の常識やタブー、しがらみを乗り越えて、純粋に面白いキャスティングに挑戦しようという原点回帰の流れが起きていると思います」(某芸能プロダクション関係者)

 視聴率低迷が続くバラエティー番組に復活の兆しが出てきたか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!