• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > ネットでミポリン元夫の悪評を広めてくれと依頼する謎の紳士

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットでミポリン元夫の悪評を広めてくれと依頼する謎の紳士


中山美穂と離婚したマルチ作家・辻仁成

 中山美穂(44)と離婚したマルチ作家・辻仁成(54)に関する悪い評判を、ネット検索の上位に出てくるようにしてほしいという奇妙な依頼を受けたIT関連業者がいる。

「辻仁成の悪評をネットの上位に表示させ、中山美穂の印象を良くしたい」――。離婚直前の6月下旬、タレントのマネジメント業を名乗る男性からこう頼まれたのは、特定のサイトをネット検索結果の上位に表示させる、とあるSEO(検索エンジン最適化)業者だ。

「やり方によっては引き受けられますが、自身が管理しているサイトを上位にするのではなく、悪評が書かれた不特定多数のサイトを上位にするのは、大きな労力が必要だと説明しました」

 すると男性は「ネット上にある悪評をコピーした別サイトを立ち上げて、それを上位に表示することは可能か」と聞いてきたが、「それは違法行為だと断った」という。その代わりに業者は「中山美穂のイメージをよくするサイトを新たに立ち上げるのはどうか」と提案。だが男性は乗り気でなく結局、取引は成立しなかった。その男性は40歳前後で「バーのマスターのような、ダンディーな雰囲気だった」という。しかし業者に差し出した名刺にある会社名は、芸能界に詳しい者でも聞き覚えのないもの。記載された会社ホームページも「タレントのマネジメント」という業務内容が書いてあるだけだった。

「ただ『費用は120万円ほどかけられる』と言っていて、乗ってきた車も運転手付きの高級車だったので、資金力はありそうでした」と業者は振り返る。

 3月に中山と辻の離婚話が浮上し、当初は辻のネガティブ情報が蔓延した。ところが5月になり、中山にイケメンアーティスト渋谷慶一郎(41)との不倫が報じられ、最終的に一人息子の親権もあっさり辻に譲ってしまったことから、形勢は逆転。そんな情報戦は離婚のギリギリまで続いていたようだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!