• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > W杯で大ヒンシュク!SMAP香取 コロンビア戦で「眠い」連発

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

W杯で大ヒンシュク!SMAP香取 コロンビア戦で「眠い」連発


香取が「眠い」を連発したW杯コロンビア戦

 それでも次がある!? サッカーW杯ブラジル大会の放送で、各テレビ局がメーンキャスターや応援団長に迎えたのがジャニーズタレントたちだ。最もバッシングを浴びてしまったのは、本紙既報通り、言葉遣いの問題などを指摘された日本テレビ起用のNEWS・手越祐也(26)。だがその陰で、相変わらずの“無気力ぶり”を批判されたのは、テレビ朝日の香取慎吾(37)だった。

 テレビ東京以外、民放各局はジャニーズタレントを何らかの形で起用したブラジルW杯。中でも手越への風当たりはひどく「東スポで報じられたように、選手を呼び捨てにしたことが視聴者やサポーターから批判されました。報道後はビックリするほど“○○選手”とキチンと呼んでいましたが…。サッカーの知識は確かなだけに、本当にもったいなかったです」とは某テレビ局関係者。

 ただ、手越の場合は現場でマネジャーやスタイリストらを引き連れ、うちわであおがれながら移動する姿が目立ち、熱心なサポーターや関係者の間では、最初からマイナスイメージだった。

 さらに“無気力ぶり”で目立ったのがSMAP香取だ。

 スタジアム観戦した日本代表戦で10勝5分けの“不敗神話”を持つが、テレ朝系応援団長を10年間も務めているにもかかわらず、サッカーの知識がないばかりか、サッカー愛も感じさせない姿勢が批判を浴びた。

 日本時間先月25日の日本―コロンビア戦。香取は主演舞台出演のため、現地観戦を断念し、東京・六本木のテレビ朝日から応援したが、1―4で敗れた。

 別のテレビ局関係者は「テレ朝では、日本対コロンビア戦の試合直前番組も放送したんですが、出演した香取さんの無気力ぶりがすさまじかったです」と苦笑いする。

「出演シーン以外では、香取さんはずっとボーッとしているだけでした。もともとサッカーに興味がないから、スタッフや共演者とサッカー話をすることもないんです。しまいには、スタッフなどに『こんな時間に眠いよね?』『俺、眠いもん』『体調は大丈夫? もう寝た方がいいよ』と。こちらを気遣ってくれるのはありがたいんですけど…」(前出の某局関係者)

 番組中も熱い姿は「頑張れ、ニッポン!」と叫ぶシーンぐらいで、終始真剣味に欠ける“脱力系応援”が目立っていた。それでも、この関係者は「香取さんは、これまでもスタッフに『俺はサッカー分からないから(呼ばなくて)いいよ』と何度もぶっちゃけてます。ただ、コロンビア戦で日本は負けましたけど、香取さんは現地応援していなかったので、不敗神話は“継続”。次回も呼ぶことになるでしょうね」と語る。

 今後のサッカー日本代表戦でも興味があろうがなかろうが、ジャニーズキャスターの露出が減ることはなさそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンはセネガルと引き分け1勝1分。次戦は28日にポーランドと対戦する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!