• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > “接触イベント”をやめられない弱小アイドルの裏事情

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“接触イベント”をやめられない弱小アイドルの裏事情


 AKB48メンバー襲撃事件のような悲劇を繰り返さないため早期の対策が叫ばれる中、これに苦悩しているのが、日本中に乱立するおのおののアイドルグループだ。

 日本中に大きな衝撃を与えたあの事件から1週間がたった先週末、各地では何事もなかったかのように、アイドルとファンが触れ合うイベントが数多く行われた。一部では警備員を配置したり、まさかの事態に備えていたが、なかなか全部がそうもいかない事情も。某アイドルグループの関係者が明かす。

「大手の事務所など、資金力があるところがバックアップしてるグループは、警備員を置いたりできる。けど大多数を占めるのは細々とやってるグループで、そんな子たちのところは難しい。せいぜい手荷物検査するぐらいだろうが、スタッフの数が足りず、ファンの良識に任せるという判断を下さざるを得ないグループもある」

 有名アイドルグループ以上に、これまで危険にさらされていると言われていたのが、世間的にはまだ無名のアイドルたちだ。

「ファンの数も少ないため、接触する時間が増える。そのため一部にはストーカーのようになってしまうファンもいた。それでも出入り禁止にするくらいしか策はなかった」と前出関係者。

 ならば、ダウンタウン松本人志(50)が1日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で「握手会の小規模化」などを提言したように、ファンとの接触時間を減らせばいいという意見もあるだろうが、それも簡単にはいかないようだ。

「弱小アイドルグループは結局、収益の多くを2ショットチェキ(チェキはインスタントカメラの意味)の撮影など、本人たちによる物販に頼っている。これをやめると立ち行かないグループが続出するだろう」(前同)

 事件が起きても、十分な対応ができないのが現状だ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!