• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 小向ASKA事件にコメント「早く罪を償って、復帰してほしい」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小向ASKA事件にコメント「早く罪を償って、復帰してほしい」


ASKA事件にもコメントした小向 小向美奈子を直撃したからには、芸能界を揺るがすASKAの覚醒剤事件を聞かないわけにはいかない。

 小向は2009年に覚醒剤所持容疑で逮捕、使用容疑で追送検され、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。11年には覚醒剤を譲り受けた容疑で逮捕状が出て、フィリピンから帰国後に逮捕、送検されたが、証拠不十分で処分保留となり、釈放された。

 記者の「ASKA事件についてひと言」という問いに小向は「もしやったんだったら『SAY YES』(罪を認めた方がいい)ね」と一瞬ちゃかそうとしたが、すぐに真顔になり「私が生きていけたのはファンのおかげだったから」と語りだした。

 小向は自らの事件と重ね合わせ「私が(逮捕されて絶望の中で)助かったのもファンのおかげ。応援してくれている人がいるから、生きていくことができた。だから、ファンと直接触れ合えるストリッパーになったんだ。ASKAさんも大勢のファンがいる。私も大ファンの一人。だから、早く罪を償って、復帰してほしい。そういう意味でも『SAY YES』してほしい。こんなこと語るのも初めて」。

 小向帰国の時点で、ASKAは容疑を否認していた。ところが彼女の声に呼応するかのように、後になって「覚醒剤を使ったことがある」などと、覚醒剤の所持と使用を認める供述を始めた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
園田クイーンセレクション(18日、園田競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!