• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 藤岡弘、 日本の若者に危機感「国家存亡の危機」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤岡弘、 日本の若者に危機感「国家存亡の危機」


 俳優・藤岡弘、(68)が12日、都内の書店で著書「あきらめない」のサイン本お渡し会を行った。

 現在公開中の映画「平成ライダー対昭和ライダー」で38年ぶりに「仮面ライダー」本郷猛役を演じた。

「反響はすごい。手紙の山ですね。ライダーを通じ親と子の会話が増えたと聞きうれしい」と顔をほころばせたが、本の話になると途端に険しくなる。

 執筆のきっかけは日本に対する憂い。本でも語られた紛争地帯、難民キャンプなど世界各地の修羅場をくぐる中、夢や目標のない日本の若者の姿が目についた。

「内向きで、リスクを避けて生きている。義務を果たさず権利だけを主張する勘違いヤローも増えてきた。このまま国家存亡の危機、日本の未来はない」

 パソコンやスマートフォンに時間を浪費する内向きな風潮にも憤りを感じており、「あれはショッカーだ。外に出て実体験を積まなければならないのに、頭だけで分かったつもりになっている」とデジタル世代を断罪した。

 若者だけではなく、団塊の世代にもかつを入れる。

「われわれも命を張って真剣に前に向く姿を、若者に見せなければならない」と自身の世代にもライダーのようなヒーローへの“変身”を求めた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中
アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎ボート「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!