• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 3年ぶり映画「相棒」撮影現場で水谷豊が不機嫌な理由

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3年ぶり映画「相棒」撮影現場で水谷豊が不機嫌な理由


映画の撮影現場で乗りきれていない水谷豊

 4月に3年ぶりに公開される映画「相棒―劇場版Ⅲ」の撮影現場が、ピリピリムードだ。テレビ朝日系の「相棒」シリーズでは、主演の水谷豊(61)の歴代“相棒”が次々と交代し、そのたびに確執が取りざたされてきた。もちろんこれは、劇場版のキャストにも反映されるが、映画の現場では「2度あることは3度ある?」のムードが充満している。人気シリーズ映画の現場で一体、何が起きているのだろうか――。

テレビドラマ「刑事・医者」ものばかりの苦しい事情

 

 製作スタッフが明かす。「撮影が予定通りに進行するかは水谷さんの気分次第。気分が乗らないと『やりたくない』と言って中断するのは日常茶飯事です。全員が“水谷天皇”の顔色をうかがってばかりで、現場は今までになく大変です」

 現在の3代目“相棒”の成宮寛貴(31)に交代した「season11」は視聴率も相変わらず堅調。最近の水谷の不機嫌の原因はどうやらその成宮だといわれている。

「2代目の及川(光博=44)さんを追い出し、成宮君を指名したのは水谷さんです。表向きは成宮君を食事に連れて行ったり激励しているが、成宮君は過去の“相棒”と比べるとどうしても演技力が落ちる。自ら抜てきした手前、外すこともできず不満をつのらせているのです」(同)

 実は、今回の劇場版をめぐっては「成宮君を出演させない案や、途中で殉職させる案もあった」(同)というのだ。撮影に入る直前の昨年4月には、成宮と同じ事務所に所属していた元俳優の田島優成(26)が寝坊で舞台をすっぽかし事務所を解雇された。

「娘・趣里の同棲相手だった田島に激怒した水谷さんに配慮して、解雇が決まったとウワサされている。成宮君をキャスティングしてもらった手前、いまの水谷さんには逆らえないということでしょう。成宮君は“相棒”というより“人質”という見方もある」(同)

 今作では、及川が昨年のスピンオフ映画「X DAY」に続き、特命係を舞台となる孤島に送り込む役どころで復帰。事情通によると「及川と檀れい(42)の仲人を務めた水谷が、その後の及川の女性スキャンダルを嫌って解雇した。でも、檀のワガママぶりを知った水谷が、及川に同情を示して復帰させることになったのです」。

 そんな新旧“相棒”の揃い踏みという話題性に加え、テレ朝開局55周年記念映画としても期待がかかる今回の作品。成宮にしても初の劇場版で大ハリキリというが、水谷のヤル気は一向に上がらない。

 系列局のスタッフによれば「これまでは、全国の主要都市を水谷さんと相棒でプロモーション行脚し、系列局は個別インタビューするのが恒例だったのに、今回はそういう話が聞こえてこない。こちらは宣伝のために再放送もバンバン流しているんですけどね」。

 このままでは3代目の交代劇も近い?

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】GIII「レディース笹川杯」 new
ボートレースとこなめで開催されるGIII「レディース笹川杯」の選手インタビュー、推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【千葉競輪】GIII滝沢正光杯
選手インタビュー、推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
参加者は150人限定。“初代チャンピオン”を目指そう!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は若松ボート・SG「メモリアル」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!