• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > ゴーストライター告発のきっかけは「みっくん」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴーストライター告発のきっかけは「みっくん」


ゴーストライターだったことを告発した新垣氏

 桐朋学園大作曲専攻非常勤講師・新垣隆氏(43)がゴーストライターだったことを告発するに至った最大のキッカケはソチ五輪に出場している男子フィギュアの高橋大輔(27=関大大学院)と義手のバイオリニスト“みっくん”(未成年のため愛称)だったと言われている。

 高橋は、周知の通りショートプログラムで佐村河内守氏(さむらごうち・まもる=50)の楽曲を使用する。そのことが気がかりで「高橋選手に偽りの状況のまま踊っていただくのは、良くないと思った」と話した。

“みっくん”については新垣氏はみっくんが4歳の時からの知り合いだった。昨年3月と4月に佐村河内氏がテレビで取り上げられた時、同時にみっくんも紹介された。だが、これを境に佐村河内氏がみっくんの両親に無理難題を要求するようになったという。それを両親が断ったところ、佐村河内氏から絶縁された。

 新垣氏は両親から佐村河内氏とのことを相談されたことで「許すまじ」という気持ちになり、今回の告発劇となった。

 会見の最後にみっくんの父親による「佐村河内氏に関する真実を知りましたときは、大変衝撃を受けました。5年もの長きにわたり、信じきっておりましたので、憤り、あきれ、恐怖すら覚えております」とつづられたコメントが報道陣に配布された。また、日本コロムビアはこの日、レコード店に対し、佐村河内氏の商品販売中止のお願いを通達した。いま店舗にある在庫を売らないでほしいというお願いだが「楽曲はいいものなので、できれば売りたい」(レコード店店員)との声も聞かれた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!