• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 里田まいに続け!道端カレンら「フードマイスター」PR

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

里田まいに続け!道端カレンら「フードマイスター」PR


道端カレン(左)と成嶋早穂

 モデルの道端カレン(34)、五輪元陸上代表の大島めぐみ氏(38)、広島・前田健太投手の妻でタレントの成嶋早穂夫人(29)が31日、都内で「アスリートフードマイスター設立発表会見」に出席した。

 同社は、食事学の資格「アスリートフードマイスター」の講座を行うため、日本野菜ソムリエ協会と幻冬舎が共同で設立。ヤンキースへの移籍が決まった田中将大投手(25)の妻・まい夫人(29)が、この資格を取得したことで知られる。

 道端が「出産を経験するとやせなくなった。そこで食に興味が出てきた」と語れば、大島氏も「マラソンに転向時、食事を変えたら全然違いました。エネルギーは食事でしか補えませんからね」と食の大切さを訴える。

 中でも注目されたのは、今オフにメジャー移籍が注目される前田の妻・早穂夫人だ。

 里田と同じく、このような資格を取得しておけば海外での食生活も不安はない。それだけにメジャー移籍のためか?と聞かれると「いえいえ、わかんないです。広島にいるかもしれませんし。ただ、(栄養学は)明日から使える知識なので主人をサポートできればいい。娘が昨年9月に生まれて食育もありますしね」と明言せず。

「主人が楽しめればどこでもいい」とあくまで前田の意思を尊重するという。

 ただ、現在の好パフォーマンスを早穂夫人の手料理が支えているのは間違いないだろう。というのも、以前、前田は野菜を食べず不規則な食生活だったが、早穂夫人が登板前や後、遠征先のバイキングで何を食べるべきかなど細かく指示したところ、「疲れにくくなった」とか。「仕事に向かう前に『いつも作ってくれてありがとう』と感謝してくれる。やりがいあります」と早穂夫人。

 なお、この日お笑いコンビ「森三中」の大島美幸(34)が産休に入る会見を行ったことについては「すてき。一般女性もできるようになればいい」(道端)、「勇気がいること。同じような方が増えるといい」(早穂夫人)、「子供の存在は大きい。応援したい」(大島氏)と3人とも絶賛していた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!