• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 「徹子の部屋」正午変更は宮根人気への対抗策


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「徹子の部屋」正午変更は宮根人気への対抗策


放送時間が正午に変更になる「徹子の部屋」。写真は田村正和(左)が初出演したときの収録風景(1992年12月)

 女優の黒柳徹子(80)が司会を務めるテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜日午後1時20分~同55分)の放送時間帯が4月1日から、正午からの30分放送になることが明らかになった。

 これまで平日昼間の看板番組では、フジテレビ系「笑っていいとも!」が筆頭格だった。同番組は3月末で放送が終了するため、今回の「徹子――」の枠移動はお昼の“覇権奪取”が目的にも見えるが、実は「強力なライバル」への「奇襲戦法的な意味合いが強い」と、ある局関係者は明かす。

 その強敵とは、いまや関西の雄から全国的な大物司会者へとのし上がった宮根誠司(50)だ。宮根が司会を務める日本テレビ系ワイドショー「ミヤネ屋」(午後1時55分~)は時に視聴率が10%近くを記録するほど、同時間帯では圧倒的な強さを誇る。「まともに新番組を企画したところでミヤネの牙城は崩せない」とは前出関係者。

 テレ朝では「ミヤネ屋」の裏番組としてドラマを放送してきたが、苦戦が続く。そこで「徹子――」や「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」(午後1時5分~)を前倒し。これまでミヤネ屋の放送開始と同時だったドラマ枠を1時間早めて「午後1~3時」とした。

「ドラマは一度見始めたら、続きが気になります。特にテレ朝は『相棒』シリーズを始め、優良コンテンツが豊富にある。これまでは2時になったら、ミヤネにチャンネルを合わせていた視聴者たちにチャンネルを変えさせないという狙いがあるんです」(同関係者)

 この「2時間攻撃戦法」はすでにテレ朝の他番組で効果を上げているという。「代表的なのが『お試しかっ!』や『黄金伝説。』。2時間スペシャルにすると視聴率がいいというデータが実際に出ています」(前同)。果たして平日昼でも成功するか?

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!