• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 太平サブロー吉本復帰の裏に「たかじんさん土下座」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太平サブロー吉本復帰の裏に「たかじんさん土下座」


 人気タレントで歌手のやしきたかじんさん(享年64)の訃報から一夜明け、長年たかじんさんと親交のあったタレントの太平サブロー(57)が大阪市内で8日、会見を開いた。

 たかじんさんとは、サブローが漫才ブームで人気絶頂だった約30年前からの旧知の仲。
「僕にとって夜の北新地のインストラクターでもあった。クラブに入ると長くても20分、『水割りが出てくるのが遅い』と15秒で店を出ることもあった。『芸人は自分のカネで飲んで栄養にするんや』と。でも本当はとても繊細な人で、見限られないために豪快さでカバーしてたのだと思う」

 サブローは26年前にコンビで強引に独立したことで一時芸能界から干されていたが、吉本復帰に一役買って出たのもたかじんさんだった。

「僕を中村(秀雄)会長のところまで引っ張っていって、一緒に土下座をして『こいつを戻らせてくんなはれ、何かあったら僕が責任取るさかい』と。パワーで押し切ってくれたんですが、すごい気持ちのある人でした」

 芸人人生の恩人の死にサブローは「まだ消化できない。やってほしいことはまだまだあったけど、現世を卒業して次のステップにいきはったんやと思う」と故人をしのんだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!