• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > モー娘、セカオワ、倖田來未らは「紅白」出場ならず

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モー娘、セカオワ、倖田來未らは「紅白」出場ならず


今年再ブレークしたモー娘。だが紅白出場は惜しくもならなかった

 大みそか恒例の「第64回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が25日、NHKから発表された。初出場は赤組では「E―girls」、「NMB48」、miwa(23)。白組では泉谷しげる(65)、クリス・ハート(29)、「サカナクション」、「Sexy Zone」、福田こうへい(37)、「Linked Horizon」の計9組となった。

 きょうの発表を前にスポーツ紙など各メディアは競って出場アーティストの予想を行ったが、事前に有力と名前が挙がりながらも“落選”したアーティストも少なくなかった。

 11年ぶりにシングル3作連続首位を達成するなど今年再ブレークし、6年ぶりの出場が有力とみられていたのが「モーニング娘。」。“アイドル枠”をめぐり熾烈な争いを繰り広げたが、最終的にはAKB48の妹分「NMB48」やEXILEの妹分「E―girls」に譲った形で悲願成就はならなかった。同じアイドルでは「乃木坂46」や「HKT48」の名前もない。

 白組では“ジャニーズ枠”がNYCに代わり、「Sexy Zone」に。CD売り上げは同グループを上回る“キスマイ”こと「Kis―My―Ft2」は年末恒例の東京ドームでのカウントダウンライブに回りそうだ。

 朝刊紙は若者に人気の男女4人組バンド“セカオワ”こと「SEKAI NO OWARI」の初出場も濃厚と伝えたが結局出場はなし。昨年の日本レコード大賞・新人賞を受賞した家入レオ(18)も出場しない。

 昨年12月に芸能界復帰し、10年ぶりのNHK紅白歌合戦出場に意欲を燃やしていた華原朋美(39)も出場者欄に名前はなかった。ほかにも常連組では8回出場の倖田來未(31)や9回出場の中島美嘉(30)の名前も消えている。

 昨年に引き続き韓国勢の出演はゼロ。事実上の解散となる「KARA」や「東方神起」の姿は大みそかにはない。演歌では小林幸子(59)の出場は今年もなく、かつて紅白の“風物詩”だったド派手衣装は徐々に人々の記憶の中から消えていきそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!