• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 元AKB仲俣汐里が女子アナ挑戦

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元AKB仲俣汐里が女子アナ挑戦


アナウンサー試験を受験している仲俣汐里

 初のAKB48グループ出身の女子アナが誕生するかもしれない。今年9月にAKB48を卒業した仲俣汐里(なかまた・しおり=21)がアナウンサー試験を受験していることが分かった。早稲田大学政経学部在学中でグループナンバーワンの“才女”といわれた仲俣は再来年春にアイドルアナとして、お茶の間に再登場できるか。

「早大3年の元AKB仲俣が女子アナを目指して、テレビ各局の試験を受けているそうです。アイドルアナとして、お茶の間に再び姿を見せる可能性は十分にありますよ」(芸能プロ関係者)

 仲俣はスイス生まれで、早大政経学部経済学科に在学中の秀才。早大の付属高校に進学し、高校2年生だった2010年3月に「10期生オーディション」で合格し、6月に劇場デビューした。公演デビューから昇格(11月2月)までの半年で10期生として最多の140公演に出演。同期で最初の昇格メンバーとなり、努力家として知られていた。

「大学進学時の試験勉強では、楽屋で着替える時間に英単語などを暗記したりしていた。公演と勉強の日々で、睡眠時間は2~3時間の時も。しかし、ファンなどにはそんな苦労を明かさないために、周囲には真面目で“陰の努力家”と思われていた」(前同)

 劇場公演にも人一倍思い入れが深く、公演後にメンバーが書く感想リポートを用紙ビッシリに書き込むなどファン思いで有名。その一方、おとなしいキャラで、第3~5回選抜総選挙はいずれも圏外。人気メンバーとは言いがたかった。

 前出の関係者は「当初は歌手志望だったが、AKBや大学での活動を通して女子アナへシフトしていったみたい。総選挙後には卒業を決断していて、7月の(AKB48グループの)ドーム公演前には女子アナ受験の意向について、メンバーにも明かしていた。所属していた大手芸能事務所も辞めただけに、決意はかなり堅かった」と明かす。

 仲俣は民放キー局をはじめ地方局も可能な限り受験する覚悟だという。

 すでにテレビ各局の一部では、元AKB48メンバーで初めてとなる女子アナ受験は知る人ぞ知る話になっている。「フジテレビは、おはガール出身で局きってのアイドルアナだった平井理央(30)が去年、寿退社してしまった。フジは選抜総選挙やじゃんけん大会を生中継するなどAKBとは関係が深いだけに、すでに平井の“後任”として採用されるというウワサも出ている。また、TBSも『ひるおび!』で仲俣がお天気キャスターも務めていただけに、動向に興味を持っているとききます」(前同)

 さらに、すでに「元モーニング娘。」の紺野あさ美(26)というバリバリのアイドルアナを抱えるテレビ東京も熱い視線を送っているという。

 テレ東関係者は「鳴り物入りで入社した紺野ですが、いまひとつどころか、ふたつぐらいブレークできてない。目立ってやろうとするハングリーさが感じられないんですよ。仲俣が入れば、元モー娘VS元AKBと注目されるのは確実。アイドル時代の知名度は紺野の方が断然上だっただけに“負けられない”とライバル心を燃え上がらせるはず。紺野が一皮むける可能性は十分ある」と語る。卒業理由について、仲俣は「新しい夢」としか語ってはいないが、9月の卒業公演では「もしかしたらまたみなさんの前に出られるかもしれない」と明かしていた。

 女子アナの夢を実現し、AKB時代のファンの前に笑顔で姿を現すことができるか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!