• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 「あまちゃん」小野寺ちゃんの感動エピソードが話題に


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あまちゃん」小野寺ちゃんの感動エピソードが話題に


 9月28日の最終回に向けてますます話題となっているNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」。きょう2日の放送では物語の佳境となる東日本大震災当日の様子が描かれた。そんな中、ドラマでアイドルグループ「GMT47」メンバー“小野寺ちゃん”こと小野寺薫子役で出演している女優・優希美青(14)がソーシャルメディアで大きな話題を呼んだ。

 優希が演じる小野寺は宮城出身のご当地アイドル。震災が描かれたこの日の回では岩手県北三陸市に祖母や友人がいる能年玲奈(20)演じる主人公・天野アキとともに被災地出身者として大きく取り上げられた。

 ドラマでは母親の安否が確認が取れないため不安な表情を浮かべ、その後無事の確認が取れると泣き崩れるなど迫真の演技を見せた優希。「あまちゃん」はツイッターなどのソーシャルメディアとの連動性が高いことで知られているが、放送後には優希の演技、そして役柄と重なる優希自身のエピソードが話題となった。

 優希の出身は被災地となった福島県。昨年8月に「ホリプロタレントスカウトキャラバン2012」グランプリを受賞し芸能界入りしたが、そのきっかけも、被災後、周囲に明るい話題がなく「震災があり、私がグランプリを取って東北の人が元気になってくれるといいな」と思い応募したとグランプリ受賞後に明かしている。

 役柄と出身地は違えどメディアへのインタビューでは震災での経験が生きたと語った優希。こうしたエピソードが広まると「演技が妙にリアルだったのは、実際に被災してたからなのか」「うるっとくる」などと感動を呼んだというわけだ。

 ドラマも最終回まであと1か月を切った。主人公アキの今後も気になるところだが、併せて優希の演技にも注目していきたい。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!