• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > おわび連発!いつまで続くフジ“負の連鎖”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おわび連発!いつまで続くフジ“負の連鎖”


ページ: 1 2 3

負の話題が続くフジテレビ

 開催中の柔道世界選手権(ブラジル・リオデジャネイロ)の放映権を持つフジテレビの地上波生中継で、高藤直寿(20=東海大)、海老沼匡(23=パーク24)と2日連続で金メダルが決まった決勝戦の最中に番組が終わってしまった不手際が、波紋を広げている。平謝りするばかりの同局は、27日にはバラエティー番組での誤報をおわび。今月初めには放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会に「放送倫理上問題がある」と決定を受けたばかりだ。ドラマも振るわず、インケツぶりが際立っている。

 日本時間28日早朝に行われた海老沼の決勝戦では、午前5時34分に海老沼が左腕を痛めてピンチに陥った状態で中継が切れてCMに。同35分に「めざましテレビ」が始まり、同36分に中継が再開された時には、すでに決着がついていた。ちなみに、放送を開始したのは午前3時55分だった。

「せっかく超早起きして見てたのに、何で一番肝心な決勝で中継が終わるんだ? 一本勝ちの瞬間を映さないなんて、生中継している意味があるのか!?」。こんな怒りの声を上げる視聴者もいた。

 同29日の大会第3日は男子73キロ級決勝で大野将平(21=天理大)の一本勝ちが5時31分に決まって、無事時間内に収まった。とはいえそれ以前の2日間、スポーツ中継で最も大事な勝敗が決まるハイライトシーンを視聴者に見せられなかったのは、大失態といわれても仕方ないだろう。

 

ページ: 1 2 3
【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!