• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > キマグレン海の家閉鎖…音楽禁止は問題のすり替え

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キマグレン海の家閉鎖…音楽禁止は問題のすり替え


ページ: 1 2

逗子海岸にあるタトゥー禁止の看板

 首都圏からの海水浴客でにぎわう神奈川・逗子海岸が大揺れだ。人気デュオ「キマグレン」が23日、自らプロデュースする海の家「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」を今夏限りで閉鎖すると発表した。これは同海岸の乱れる風紀を巡り市側が「音楽自粛」を要請したことで、撤退を余儀なくされたもの。葉山御用邸にもほど近い海水浴の名所で今、何が起こっているのか。

「音霊」は地元出身のキマグレンのKUREI(33)が、9年前に出店した海の家形式のライブハウス会場。夏の海水浴シーズン中は連日、歌手やアーティストのイベントを開催してきた。今年も中川翔子(28)や藤井フミヤ(51)、加山雄三(76)らが出演し、逗子の夏の風物詩となっている。

 来年はオープン10周年を迎えるが、KUREIはHP上で今季限りでの終了を発表、ファンの間に衝撃が広がっている。実は、市では来年度に海岸での音楽を全面禁止する条例改正を検討中で、成立・施行されれば「音霊」も従来通りの営業は厳しくなる事情がある。

 事情通によれば「もともと逗子海岸は、葉山御用邸が近いこともあり大人やファミリー向けの落ち着いたビーチとして若者が多く集まる近隣の江の島や由比ヶ浜との差別化がついていた」。

 ところがこの数年、客離れが進み、経営に苦しむ海の家は、大音量の音楽が流れダンスを踊るクラブスタイルに営業形態を変えることで活路を見いだし、逗子でもクラブ型海の家が増加。すると入れ墨をした若者や外国人客が目立ち始めた。

 江の島の片瀬西浜海岸が音楽の全面禁止を実施したことで若者の流入に拍車がかかり、「泥酔者が夜中まで騒いで音楽を流している」「怖い人が多くて、子供を連れて行けない」などの苦情が増していた。

 その矢先の7月14日夜、海岸で暴力団関係者2人が刺され、1人が死亡、1人が重傷を負うという事件が発生した。

ページ: 1 2
【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!