• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > ナイナイ矢部のひと言で「黒霧島」歴史的快挙

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナイナイ矢部のひと言で「黒霧島」歴史的快挙


矢部浩之(囲み写真は芋焼酎「黒霧島」)

 芋焼酎「黒霧島」の霧島酒造(宮崎県)が、焼酎・泡盛メーカーの2012年売上高ランキング(帝国データバンク調べ)で初の首位(前年は2位)に立った。一時は低迷していたメーカーが、9年連続トップだった麦焼酎「いいちこ」の三和酒類(大分県)から首位の座を奪う歴史的快挙となった。

 霧島酒造は1916年創業の老舗メーカーだが、長く低迷し、一時は社内で「芋焼酎撤退」も議論された。そんな状況を一変させたのが98年に発売された黒霧島。仕込みに白麹を使う焼酎が97~98%を占めていた時代に、あえて黒麹を使い、さらに当時の食品業界では“タブー”とされていた黒いラベルを使用。味の良さと、目を引くデザインでジワジワと売り上げを伸ばしてきた。

 その売り上げを爆発的に伸ばしたのが実は、ナインティナイン・矢部浩之(41)のひと言だった。2002年秋にテレビ番組の企画で矢部が「うま~!」と絶賛。すると翌日から「3日間で前年の1か月分売れた」(江夏拓三専務)。以後、03年から10年まで8年連続前年比2桁増の急成長を遂げ、中でも04年は42・2%という驚異的な伸びを記録した。

 震災の影響から11年は前年比2・9%と伸び率が落ちたが、12年は6・1%増の515億円を売り上げ、初めて500億円台の大台に乗った。ちなみに三和酒類の12年の売り上げは前年比0・4%増の503億円。

 霧島酒造には生産量が少ない紫芋「ムラサキマサリ」を使った「赤霧島」もあり、出荷数が限られているため品薄になっている。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!