• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 英国で「着物コスプレ」デュオが大ウケ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英国で「着物コスプレ」デュオが大ウケ


ヤナ(左)とキク

 英国・ロンドンで先月末、日本カルチャーをテーマにしたイベント「ハイパージャパン2013」が開催され、過去最高の6万2000人を動員。昨年はミュージシャンの布袋寅泰(51)が出演し盛り上がったが、今年は“クールジャパン”を体現した女性デュオ「ヤナキク」が出演し、大きな歓声を浴びた。

 エキゾチックな顔立ちの“ヤナ”とポップでかわいらしさが売りの“キク”(ともに年齢非公表)の女性デュオだ。着物のコスプレ(キモコス)で登場したヤナキクは、ステージで熱いパフォーマンスを繰り広げた。

 現地スタッフは「会場は一時、入場制限がかかったほど人が詰めかけ、最終日に大トリを務めたヤナキクには人だかりができて、多くの現地メディアがクールジャパンを体現したアーティストとして取材していた」と語る。ちなみに「クールジャパン」とは、国際的に高い評価を受ける日本のポップカルチャー。それらを海外に売り込むというのが安倍政権の成長戦略の一つだ。たいていのアーティストは、日本でブレークしてから海外進出を狙うものだが、ヤナキクはその逆パターン。今回の「ハイパージャパン」後には、上海でのファッションショーや台湾での音楽フェスなども予定されているという。

 今回のライブでは世界遺産に登録された富士山をモチーフにした「フジヤマ△デスコ」や金魚を表現した「パクパクキンギョ」など日本文化を取り入れた曲を披露。MCはすべて英語で行い、サイン会は習字で書くという“クールジャパン”ぶり。ファンからは「アメージング!」「フジヤマ~!」などの歓声が飛んだという。

 この盛況ぶりにトータルプロデューサーを務める石川智徹氏(38)は「日本文化は世界で大人気ですが、着物や習字など『わびさび』を感じさせるアーティストはメジャーカルチャーでいなかった。海外の人が好きな古き良き日本文化をそのまま向こうに持っていったからこそ、受け入れられたと思います」と語った。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!