• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 薬物依存の人気ロッカー壮絶治療

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬物依存の人気ロッカー壮絶治療


ページ: 1 2

 本紙昨報の「超大物シンガー薬物中毒」のニュースが波紋を広げる中、新たに大人気ロックグループの中心メンバーZにも薬物依存の過去があることが本紙の取材でわかった。ただ、Zは自ら中毒であることを自覚し、薬物依存脱却を目指す団体「ダルク」の支援を受け、米国で“極秘治療”を行ったという。その驚きの内容とは――。

 昨報の本紙記事で深刻な現状が分かった大物シンガーXの薬物依存情報には警察当局も重大な関心を示しており、逮捕は秒読みとも言われている。
 しかも、薬物使用の決定的な証拠を闇社会につかまれているというからタチが悪い。このままでは闇社会に大金をゆすり取られるか、当局に立件されるかのどっちかだ。

 そんななか、ある音楽関係者は「一番心配なのは本人の健康面。このままでは取り返しのつかないことになる。Zのように薬物依存であることを認めた上で、更生施設に協力を仰いだ方がいい」とある人物の実名を挙げて話した。

 Zは、1990年代を代表する人気ロックグループの主要メンバー。東京ドームでもコンサートを行い、ミリオンセールスも記録している。

「ファンも、あの伝説的な別バンド並みに熱狂的なことで知られる。Zはソロとしても活躍。プライベートでは既婚者だが、ワケあって現在は、別居中のようだ」(前同)

 Zもまた10年以上前から薬物に手を染めてきた。ただ、先の大物シンガーXに比べてマシなのは薬物依存を自覚し、それを断ち切るためにリハビリ施設「ダルク」の門を叩いたことだ。同施設の事情を知る関係者が声を潜めてこう明かす。

次のページへ:5年以上前から国外で“極秘治療”>

ページ: 1 2
【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
園田クイーンセレクション(18日、園田競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!