• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > まだまだ続くクイーンフィーバー「ボヘミアン・ラプソディ」続編浮上

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ続くクイーンフィーバー「ボヘミアン・ラプソディ」続編浮上


 英ロックバンド、クイーンを描いた昨年の大ヒット映画「ボヘミアン・ラプソディ」の続編計画がさっそく浮上している。同作は1985年に行われた20世紀最大のチャリティーコンサート「ライブエイド」で、観客を熱狂させたクイーンの伝説的パフォーマンスで終わるが、続編はバンドのその後を追うというものだ。

 米紙ニューヨーク・ポストの芸能サイト「Page Six」はこのほどクイーンの映像を手がけ、特にボーカルの故フレディ・マーキュリーと親交を深めた映画監督ルディ・ドレザル氏(61)をインタビュー。その中で同氏はクイーンの長年のマネジャー、ジム・ビーチ氏(77)に触れ、「彼は『ライブエイド』から始まる続編を計画し、すでに“クイーンファミリー”内で検討が進められている」と明かした。

 ビーチ氏は「ボヘミアン・ラプソディ」で共同プロデューサーを務めた人物でもある。

 同芸能サイトによると、ドレザル監督はライブエイドが行われた85年ごろからクイーンの映像を担当するようになり、約30本の公演やミュージックビデオ(MV)を撮影。91年に撮ったMV「輝ける日々」がフレディの遺作となった。もし続編が実現すれば、同監督が製作陣に加わることもありそうだ。

 続編計画についてはクイーンのギタリスト、ブライアン・メイ(71)も「フレディについてはもっと伝えたいことがある」と発言し、可能性を示唆している。

「ボヘミアン・ラプソディ」は世界で8億7000万ドル(約970億円)を売り上げ、先月の米アカデミー賞でフレディ役を演じたラミ・マレック(37)が主演男優賞を獲得。1月のゴールデングローブ賞ではラミの主演男優賞に加え、作品賞(ドラマ部門)にも輝いた。一方、フレディ亡き後のクイーンが、米歌手アダム・ランバート(37)をボーカルに迎えての活動を追った米ABC制作の注目のドキュメンタリー「ザ・ショー・マスト・ゴー・オン/クイーン+アダム・ランバートのストーリー」が4月に全米で放送される。“クイーンフィーバー”はまだまだ続きそうだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で21日開幕!
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】ボートレース戸田で開催中!
注目選手のインタビューを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!