• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 香取慎吾 日本初個展は異例づくめ「僕自身がアートの素材」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

香取慎吾 日本初個展は異例づくめ「僕自身がアートの素材」


日本での初個展を開催する香取慎吾

 元SMAPの香取慎吾(42)が14日、東京・江東区のIHIステージアラウンド東京で行われた個展「サントリー オールフリー Presents BOUM! BOUM! BOUM! 香取慎吾NIPPON初個展」(15日~6月16日)プレスプレビューに登場した。

 昨年9月にフランス・パリのルーブル美術館で初の個展を成功させた香取が、日本での初個展を開催。タイトルの「BOUM! BOUM! BOUM!(ブン!ブン!ブン)」はフランス語で心臓の鼓動を表す言葉で、個展ではルーブル展示作品に加え、新たに制作した絵画やオブジェなどを展示する。会場も客席が360度回転するという日本で初の劇場で、この特性を生かした演出も注目となっている。

 香取は「いよいよこの時が来ました。すごくドキドキ、BOUM! BOUM! しています」と緊張の表情。

「昨日の夜中まで、この劇場で絵を描き続けていまして、ほぼ完成しました。これからもちょっとずつ絵を描いて展示していこうかなと、変化していくのも面白いと思っています」と最後まで「未完成」であるという“異例の構想”を明かす。

 日本で初個展については「一人の男の夢がかなう瞬間を見てほしい。(今の言葉)かっこいい~」とちゃめっ気を見せた。

 展示物を鑑賞する前に流されるオープニングムービーも香取ならではのユニークな仕掛けがある。

「最初の映像作品は僕のやりたいことが全部詰まっている。ステージの幕が開く前のオープニングムービー。最高潮まで気持ちを上げてもらって、そこで絵を見てもらいたいですね」

 アーティスト活動が本格化する香取は「描きたい思いを終わらせるのが大変でした。今(報道陣の)皆さまにオープニングムービーを見ていただいたんですが、音で変更したい部分があったので、明日までに変えると思います」と並々ならぬ意欲を明かす。

 仲間である草なぎ剛(44)もこの日、鑑賞に訪れていて「取材があると話したら、つよぽんが『じゃあ、様子を見てるよ』と後ろにいました。なんかプロデュースされている気持ちでした」と苦笑い。

 最後には「僕はアイドルなんで、僕自身がアートの素材なんです。僕のすべてを見てほしい」と訴えた。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で21日開幕!
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】ボートレース戸田で開催中!
注目選手のインタビューを動画で配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!