• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 「団塊の世代」堺屋太一さん死去で再評価 幻に終わった東北への“文化首都遷都”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「団塊の世代」堺屋太一さん死去で再評価 幻に終わった東北への“文化首都遷都”


アイデアマンだった堺屋さん

「団塊の世代」「巨人、大鵬、卵焼き」などの名付け親で知られる作家の堺屋太一(本名・池口小太郎)さん(享年83)が多臓器不全のため8日に亡くなり、関係者の間ではその偉大な功績が語られている。

 時代の仕掛け人で、独創的かつ斬新なアイデアは世の中の耳目を集め続けた。東大卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省し、1970年の大阪万博や75年の沖縄海洋博などを企画立案。

 在職中に作家デビューし「団塊の世代」がベストセラーになり、退官後は作家やプランナーとして活躍。小渕、森政権では民間登用で経済企画庁長官を務めた。

 経済だけでなく、芸能、スポーツと多分野に造詣が深く、女子プロレスの尾崎魔弓のファンとしても知られ、会場に足しげく通った。脱官僚、脱東京一極集中を説き、東日本大震災後、政権与党の民主党から東北復興のアイデアを求められた席では、こう提唱した。

「日本の官僚は戦時中から東京に一極集中するために、特定目的の文化施設を東京にしか造らせないようにしてきた。東北地方の復興のために、特定文化ではこの街でないと見られない、東京から人が集まる特色ある文化を造るべき」

 持論だった首都機能の移転は高い壁に阻まれたが、せめて文化首都の移転はできないかというアイデアだった。NHK交響楽団の本部移転、大相撲の東北場所開催、歌舞伎の殿堂となる専用劇場設営など具体的な例を挙げ、文化機能の移転は風評被害を食い止める狙いもあるとした。

 もっとも、風前のともしびだった菅政権は堺屋さんの“金言”に耳を傾ける余裕はなかった。その後、堺屋さんが熱を上げたのは地方分権を旗印に掲げた橋下徹氏。

「2020年の東京五輪でさらなる東京一極集中化が進み、大会後はバブル崩壊が起き、日本が再び傾きかねない。25年の大阪万博開催こそが、その沈み込みを防ぐ役割を果たす」と力説し、維新のブレーンとして誘致に汗を流した。

 2度目の大阪万博開催が決定し、堺屋さんは安心したのか、直後に体調不良で入院。帰らぬ人となったが、その遺志は引き継がれる。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!