• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > NEWS・手越「脱退」説 「第2の嵐」ジャニーズ崩壊の道

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NEWS・手越「脱退」説 「第2の嵐」ジャニーズ崩壊の道


嵐、NEWSが所属するジャニーズ事務所

【J帝国に吹き荒れる嵐の深層:緊急連載・最終回】国民的アイドルグループ「嵐」が2020年いっぱいで活動休止することが決まったが、これにより「他のグループにも大きな影響が出る」との見方が強まっている。特に存続が危ぶまれているのが「NEWS」だ。今年に入ってから“解散説”がまことしやかに流れたうえ、メンバーの手越祐也(31)に不穏な動きも出ているという。嵐のリーダー大野智(38)に続くのは手越か――。

 嵐は先月27日に開いた会見で、活動休止を決めた理由についてリーダーの大野が「自由な生活をしてみたい」と考えたことだと明かした。

 SMAPが解散したいま、嵐はすべてのアイドルグループの頂点に立つ存在。しかも、メリー喜多川副社長の愛娘である藤島ジュリー景子氏が育てた。元チーフマネジャーの飯島三智氏が育てたSMAPはジャニーズでは傍流だったが、嵐は“本流中の本流”と言える。

「ドル箱中のドル箱である嵐の活動休止など、昔のジャニーズなら絶対認めなかったが、いまは個人の希望を無視できない時代。それに3年前のSMAP解散騒動で、ジャニーズから独立する意向を示したメンバー4人を悪者扱いして、“ブラック企業”とやゆされたのが相当こたえたのでしょう。大野の希望を受け入れるしかなかったのでは」(芸能プロ関係者)

 ただ、こうした流れは、嵐だけで済みそうもない。ジャニーズ所属の他のグループの存続にも影響しそうな雲行きで、その筆頭候補がNEWSだという。

 実は嵐が会見を開いた数日前に、ネット上では「NEWS解散説」が爆発的に広がっていた。

 NEWSといえば昨年6月、小山慶一郎と加藤シゲアキが未成年との飲酒を報じられた。さらにその後、手越が未成年と飲酒をしていたとの報道もあり、ファンから解散を心配する声が上がっていた。

 さらに今年に入ってからは、スキャンダル以外で奇妙なことが続いている。新年早々、手越がプライベートで遊んでいたオンラインゲーム上で、手越本人と言われるアカウントが「グループ脱退をほのめかした」との怪情報がSNSを通して拡散されたのだ。

 また1月8日深夜に放送された、小山がパーソナリティーを務めるラジオ番組「KちゃんNEWS」(文化放送)では、当時まだ公式発表されていなかった新作アルバム「WORLDISTA」が、すでに公式発表された体でフライング発表された。

 極め付きは、フジテレビ系ドキュメンタリー番組「RIDE ON TIME~時が奏でるリアルストーリー~」だ。1月11日スタートのNEWS編の放送が全4回と告知されながら、3回で打ち切られたのだ。

 こうした事態にネット上では、NEWS解散説が拡散された。現在のところ解散に向けた具体的な動きは見えないが、グループの命運を握る手越が過去に不穏発言をしていたことが発覚した。

「3年くらい前に手越と飲んだとき、『俺はいつジャニーズ辞めたっていいと思ってる』と真剣なまなざしで言っていたのを思い出します。『いつまでもアイドルはできないんだから、その後を考えて準備しておくのは当然』と。ジャニーズ退所も将来の選択肢にあるんだなと感じました」(芸能関係者)

 これが事実なら、現在のNEWSの状況に手越が嫌気が差した場合、退所する可能性もないとは言えない。

「大野の思いを尊重して嵐の活動休止を認めたのなら、手越が『アイドルを辞めたい』と言いだしたら認めるしかない。そうしたら嵐、NEWS以外のグループにも大きな影響を及ぼすだろう」(同)

 嵐の活動休止は、“ジャニーズ帝国崩壊”につながりかねない――。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!