• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > STU48 他グループからファン大量流入のワケ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

STU48 他グループからファン大量流入のワケ


STU48メンバー全員が初めて参加したMVは圧巻だ(C)STU/KING RECORDS

 瀬戸内7県を拠点に活動する「STU48」の2ndシングル「風を待つ」(2月13日発売)のカップリング曲「出航」のミュージックビデオ(MV)が22日、公開された。MVの舞台は今春に完成予定で、グループの活動拠点となる「船上劇場 STU48号」。いよいよ劇場公演スタートとなるが、ここに来て他のグループのファンが“大流入”する事態が起きている。

「出航」は全メンバー33人が参加する初の楽曲。MVの舞台は今春に完成予定で、グループの活動拠点となる「船上劇場 STU48号」だ。

 広島県の造船所で現在改造中の「STU48号」と初対面したメンバーは、劇場のステージエリア、操舵室、甲板、屋上での撮影などに臨んだ。

 センターはSTU48キャプテンを務める岡田奈々(21=AKB48兼任)。同グループ楽曲では初のセンターとなる岡田は「いよいよ船上劇場が完成する!という期待がより膨らみました!」と喜びいっぱいだ。

 2016年10月に船上劇場の構想が明らかになってから、何度も頓挫の危機にさらされた。今春完成予定の船上劇場の内装は、まだまだ骨組みの状態で未完成だったそうだが、岡田は「いつか自分たちが立つであろう船を、この目で見て確かめることができて、船上劇場でパフォーマンスすることの実感が湧きました! これが実現したら本当にすごいことだな…と、ワクワクが止まりません!」と報告。関係者によれば、船上劇場を披露する際には、完成披露公演を行うという。

 48グループの“根幹”である劇場の完成が近づく中、グループに新規ファンが大流入する事態が起きている。

「劇場完成前にすでに各地でツアーなどを行っているのですが、48グループで最もパフォーマンスレベルが高いと評判になっている。また、清楚系なメンバーが多くて『乃木坂46』など坂道グループのファンが流入しているんです。劇場を持たない坂道グループは、メンバーを間近に見る機会が少ない。その点で、STU48はAKB48グループと坂道グループのそれぞれの利点を持つ存在になれる」(音楽関係者)

 昨年のレコード大賞では悲願の「新人賞」を獲得し、知名度を上げているSTU48。勢いを増す要因についてアイドル誌編集者は、次のように指摘する。

「他のアイドルグループのファンがスキャンダルで傷つき、STU48に“推し変”(※応援するグループを変えること)する現象も生まれている。今回の“NGT48暴行騒動”でショックを受けたファンが、今後STU48に流れていく可能性だって十分ありえる。キャプテンを務める岡田は周囲が心配になるほど頑張り屋で、グループの風紀の乱れを嫌うタイプです。『メンバーをしっかり叱れるはず』『ちゃんと指導できると思う』と岡田に期待を寄せるファンも多い」(前同)

 船上劇場完成で、アイドル界の中心へこぎ出していけるか。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!