• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 小森純 新たな「詐欺加担」疑惑

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小森純 新たな「詐欺加担」疑惑


 昨年末、有名タレントが多数関わっていたことで芸能界を震かんさせたペニーオークション詐欺事件。加担タレントの中でも小森純(27)は一番露出が多く人気もあったため、その代償は大きくイメージダウンしたが、さらなる“詐欺の宣伝疑惑”が浮上した。広告塔を務めていたケータイ占いサイトで、お金をだまし取られる被害が続出していたのだ。

「小森さんのブログで誘われて始めたケータイ占いサイトでお金をだまし取られ、今も迷惑メールが止まらないんです」
 こう訴えるのは、その被害に遭うまで小森の大ファンだったという20代女性だ。

 昨年5月、小森がブログで「今後の家族の事、仕事の事などなど、もちろん過去の事とかもズバっと当てられるので、すごい説得力。恋愛・将来に悩んでる方、おススメです☆」と絶賛し、紹介した占いサイトを利用したら、とんでもないコトになったという。

 会員登録してすぐ送られてきたのは、イケメン占い師の写真入りで「数ある登録者の中で、あなただけ気になってメールしました」という返事だった。

「料金は1500円。それで有名人と同じ占いがしてもらえるなら安いと思って払ったんですが、次の返信は『あなたはこれから運命が良くなるので具体的にいろいろお教えしましょう』という誘いだけ。続きを聞くためには、また追加で1500円払わなければいけませんでした」

 女性は占いをみてもらうため、メールが来るたびに代金を払い続けたが、結局2万円以上費やしても最終的な回答には至らなかったという。

「話を延々と引っ張られて終わらないので、1500円を払ってクレームを送ったんですが、返ってきたのは占いの話の続き。これは自動送信される仕組みなんだと気付きました」

 女性はここでネット占い詐欺だと確信し、利用をやめた。だが、被害はまだ続く。退会手続きができず、料金を要求する催促メールが止まらなかったという。

「仕方なく着信拒否にしたんですが、すると別のアドレスから類似のメールが届くようになったんです。どう考えても、こんなのを小森さんが使ったとは思えない。まさにだまされた気分です」と女性は憤る。

 小森はこの占いサイトについてブログで何度も紹介している。昨年5月には「久々に、諒ちゃんと占いをしたんだけど相性バッチリ、とのこと♪今回もいろいろ聞いちゃいました☆やっぱり、諒ちゃんは運命の人みたいです!」と、夫の実業家・今井諒氏(27=円内写真)との相性診断をしたと記した。

 今井氏も今年1月のブログで「嫁に誘われ」この占いサイトでみてもらったことを書いているのだが、こちらも非常に宣伝くさい文面だ。「相性診断をした後に、色々な鑑定をしていたらマジでズバッと当てられたり、図星なことだらけで(中略)嫁がハマった気持ちも分かるわ~」。小森同様、占いサイトのリンクも貼っていた。

 国民生活センターの消費者ホットラインに聞くと、問題の占いサイトについて「悪質だ」などの苦情はかなりあるそうで「行政指導の対象になるかはまだ分からないが、今調べているところ」とのこと。

 今井氏のブログのリンクからアクセスしてみると「イメージモデル・小森純」と小森の写真を使ったトップページがまだ出てくる。しかしサイトのアドレスからアクセスすると、小森の写真や名前は既に消え「話題沸騰 芸能人も大絶賛!」との文言に変わっている。

 ペニオク詐欺同様、小森が利用もせず謝礼をもらい、夫婦揃って占い詐欺サイトを宣伝したと疑われても仕方がないところ。既に小森は「自分自身で決めた私にとってのひとつのケジメ」などの理由でブログを閉鎖したが、他にも“余罪”があったとなれば、ブログを閉じたのはただの証拠隠滅ではないかと言われても仕方ない状況にも思えるが…。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!