• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 「見取り図」が上方漫才協会大賞 賞に飢えていた2人は歓喜

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「見取り図」が上方漫才協会大賞 賞に飢えていた2人は歓喜


見取り図の盛山晋太郎(左)とリリー

 若手漫才師の育成とサポートを目的に発足した「上方漫才協会」主催の「第四回 上方漫才協会大賞」が14日、大阪市のなんばグランド花月で行われ、お笑いコンビ「見取り図」(盛山晋太郎=33、リリー=34)が大賞に輝いた。

 1年を通じての舞台やメディアでの活躍、漫才への貢献などの視点から選ばれる同大賞。「M―1グランプリ2018」王者の「霜降り明星」や「R―1ぐらんぷり2018」王者の濱田祐太郎(29)ら58組がノミネートされた中、「見取り図」の2人が栄冠を勝ち取った。

 大賞受賞にリリーは「サプラーイズ!」と絶叫。盛山も「ホンマに予想してなかったです」と大喜びだ。受賞の決め手について、同協会会長の中田カウス(69)は「漫才の中に人柄が出ていた。後輩の面倒見もいい」と評価した。

 これまで大きな賞レースでの優勝経験がなく、カウスに「いらない賞があったらください」とお願いしていたほど、賞に飢えていた2人とあって、リリーは「漫才をやってきて良かった」と喜びもひとしお。一方の盛山も「賞がなかったので光栄。この賞に恥じないよう大阪の劇場を盛り上げたい。この勢いに乗って今年もM―1に出て優勝して、最終的にアジア初のローマ法王になりたい」とボケた。

 特別賞は「霜降り明星」、新人賞は「エンペラー」が受賞。よしもと漫才劇場メンバーによる「男前・ブサイク芸人ランキング」も併せて発表され、「アインシュタイン」の稲田直樹(34)が「ブサイク部門」3連覇を達成して殿堂入り。相方の河井ゆずる(38)が「男前部門」で優勝し、コンビで明暗?を分けた。

 また、カウスは若手の活躍の場として「年内に『東京よしもと漫才劇場』を作ります」と宣言。「まだまだ埋もれている子たちにチャンスをつくってあげたい。落ち着いたら、そちらで上方漫才協会大賞をしたい」と明かした。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!