• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 詐欺逮捕ミヒマル夫のダマし手口 鳩山元首相も「マブダチ」と利用された


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

詐欺逮捕ミヒマル夫のダマし手口 鳩山元首相も「マブダチ」と利用された


鳩山氏

 架空の儲け話を持ちかけ、歯科医から300万円をだまし取った詐欺容疑などで逮捕された「mihimaru GT」のボーカルhiroko(34)の夫で、経営コンサルティング会社社長の池田泰章容疑者(47)の余罪が明らかになった。

 同容疑者の常とう手段は著名人との交流をチラつかせ、相手を懐柔すること。なかでも頻繁に登場したのが鳩山由紀夫元首相(71)の名前で、同容疑者は鳩山氏を「マブダチ」と公言していたという。

 2015年には「鳩山氏と行く中国ツアー」を計画。そのための会社設立を複数人に持ちかけ、数百万円の現金をだまし取ったという。

 ツアーには胡錦濤前国家主席との会食も組み込まれており、同容疑者は「鳩山氏がいるからこそ実現可能」と豪語。日中友好にも寄与するため、ソニー元会長の出井伸之氏やキヤノンCEOの御手洗冨士夫氏、森喜朗元首相らも「賛同してくれている」と説明していたという。

 だがそれらはすべてデタラメ。唯一、鳩山氏だけは知人を介して本当に知り合い、何度か食事したことはあるが、“マブダチ”には遠く及ばない。捜査関係者の話。

「ほかにも鳩山元首相の名前を出して、詐欺まがいのビジネスを行っていた。被害者から告発もされているはず。希代の詐欺師ですよ」

 hirokoとの結婚&出産を発表したのは14年12月。つまり結婚後も同容疑者は平然と詐欺同然のビジネスを行っていたことになる。

「hirokoさんとの住まいは家賃ウン十万円のタワーマンション。彼女の前では羽振りのいいところを見せていたようだが、最もダマされたのはhirokoさん本人かもしれない」(芸能プロ関係者)

 なお、池田容疑者との関係について鳩山氏に質問状を送ったが、締め切りまでに回答はなかった。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!