• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 坂口杏里さん 芸能界復帰イベントで「ガサ入れの過去」告白

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坂口杏里さん 芸能界復帰イベントで「ガサ入れの過去」告白


ファンを前にぶっちゃけトークもした坂口さん

 女優・坂口良子さん(享年57)の長女で元タレントの坂口杏里さん(27)が4日、都内でイベント「坂口杏里の芸能復帰までの道のり」を行った。会場のファンを前に、杏里さんは「復帰したい!」と力強く宣言。今回のイベントは自ら企画し、出演者のキャスティングを行った。所属事務所は決定していないそうだが、道のりはイバラの道なのか…。

 会場には、坂口さんの幼なじみやファンなど約50人が集結した。

 冒頭、坂口さんは「あのね、私ね、ガサ入れが入ったことがあるの。やばくない? 尿検も毛髪(検査)もして、でもシロだった!」と告白。会場からはどよめきが起こった。

 イベントは約5時間に及び、坂口さんは、カラオケでAKB48の楽曲「大声ダイヤモンド」などを熱唱し、会場を盛り上げた。ゲストにはお笑いタレント・楽しんご(39)らが登場した。

 坂口さんはタレントとして活躍後、2016年10月にセクシー女優に転身。昨年9月に芸能界引退を表明したが、今年10月、インスタグラムで「芸能界に戻りたい」と発言していた。

 きっかけとなったのは、その直前に開催されたお笑いコンビ「平成ノブシコブシ」徳井健太(38)のトークイベントに出演したことや、自身が登場するユーチューブの動画を見た時だったという。「キラキラした芸能界に復帰したいという気持ちが高まった」と話した。

 復帰となれば、自身のプライベートにもさらに注目が集まることにもなりかねない。「私は全然構いません。けっこう肝っ玉据わっていて。自分でケツを拭くというか。実際に遊んでいた時期はある。もし私に彼氏がいても、公にしても別に構わないんじゃないかなと思う」

 また“おバカタレント”としてバラエティー番組に出演していた当時を振り返り「あの時は、バラエティーの坂口杏里って感じで、なんかちょっと(薬物などを)やってるんじゃないかと思われがちだった。でもガサ入れされても、結果はシロ。だからこそというのもあって、おバカキャラで続けるのはちょっと」と明かした。違法薬物使用を疑われるほどのぶっ飛びキャラは、役作りによるものだったわけだ。

 今後については「舞台などをやりたい。バラエティーは、もしオファーがあれば受けたい。でもキャラ作りもあるし…。今回の(イベントでの姿)が本当の坂口杏里だから。でも28歳で本当に復帰できるのかなぁ…」と不安も口にした。

 現在の仕事について、ネットでは風俗業疑惑などの噂が出ている。イベント終了後に直撃すると「お昼はネイルの仕事もしています」とのこと。

 関係者によると「今は所属事務所も決まっておらず、今回のイベントも彼女が仕切って行った。復帰したいけど、やり方が分からないので悩んでいる」という。

 復帰は順風満帆というわけではないようだ。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!