• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 国分太一 TOKIO「紅白落選」に言及も山口の一件には触れず


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国分太一 TOKIO「紅白落選」に言及も山口の一件には触れず


 15日放送のTBS系「ビビット」でMCを務めるTOKIOの国分太一(44)が、TOKIOのNHK「紅白歌合戦」への連続出場が「24」で途切れたことについて語った。

 紅白出場歌手は14日に発表されたが、デビュー以来24年連続で出場していたTOKIOの名前はなかった。
 
 グループにとって大きな転換期となったが、国分は「今回に関しましては音楽活動もしてませんし、今年CDも出していません。紅白は1年間通して、アーティストとして活躍した人たちのごほうびという形でもあると思う」と落胆することなく、たんたんと受け止めた。TOKIOが音楽活動を休止せざるを得なくなった原因である元メンバーの山口達也(46)の一件については一切触れなかった。

 選出されなかったことは想定内とし「稀勢の里関じゃないけど、ここは休場して…」と横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)を引き合いに出したが、この時点で稀勢の里の休場は決まっていなかった。

 すかさず、コメンテーターの堀尾正明氏(63)から「まだ休場かどうか分からないですよね」と突っ込まれ、国分は「こんな失礼なコメントないですね」と訂正。「私たちの場合はそういう形を取らせてもらって、またいつか出られるように頑張りたい」と充電期間に入ることをアピールした。

 一方、紅白初出場を決めたジャニーズ事務所の後輩、King&Princeには「第1回、ボクらも覚えていますし、相当緊張すると思うんですけど、盛り上げていかなきゃいけないと思います、白組を。そういうところでもプレッシャーあると思います」とエール。

「トップバッター、キンプリじゃないかなと思う」と出場順も予想した。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!