• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 覚醒剤で公判中の麻生希被告が激白 過酷な撮影環境と自己責任

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

覚醒剤で公判中の麻生希被告が激白 過酷な撮影環境と自己責任


麻生希被告

 覚醒剤取締法違反(所持・使用)の罪で公判中のタレント・麻生希被告(33)が先日、都内で行われた「AV問題を考える会 第2回シンポジウム」に登壇し、自身が経験したエピソードを語った。

 麻生被告は右腕の入れ墨を露出させて登場。

「清楚系でデビューしたけど、まったくそうではない。撮影会をやらなかったのは、入れ墨が入っていたから。夏には『絶対に半そでを着ないで』とメーカーや事務所から言われていた」と告白した。

 この日のテーマは「男尊女卑とAV」で、登壇者たちはそれぞれの立場からの意見を交わした。

 麻生被告は「男尊女卑という言葉を知らない」と発言。「殺人以外は何でもされた」と言い「事務所に監禁されて、ドッグフードを食べて空腹をしのいだ。勝手にソープの契約をされたり…。ひどい時は、家の外に来て『火をつけるぞコノヤロウ』と怒鳴られた。自殺したい時もあった」と自身の体験を振り返った。

 イベントではまた、出演強要などの問題で「あなたに落ち度はなかったのか?」と、被害者の責任を問う声がネット上などで出ていることが話題に挙がった。

 それを受けて麻生被告は「無修整に出演させられたり、確かに被害には遭ったけど、自分に落ち度はありましたとしか言えない。他の女優さんが言っていることの意味が分からない」。

 一時期売れっ子女優だったプロ意識からか「実際、人よりも高いお金をもらっている。簡単に女優になれるものでもない。活躍してる子もいるし、有名になりたくて、破れたらそれまでの実力。ハード作品もやって、完成して『すごかった』と言われるとうれしかった。ひどいことをされたが、今はこうやって話す機会がありうれしい」と話した。

 育った環境にも触れ「私の母はフィリピン人。母はもともとストリッパーで『若いきれいなうちに、女は金が稼げるから得だ』というのが、母の言葉だった」と発言する場面もあった。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!