• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > UFOマニアも仰天の「異説」中身 ハーバード大の宇宙物理学者がマジメ論文


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UFOマニアも仰天の「異説」中身 ハーバード大の宇宙物理学者がマジメ論文


 観測史上初めて太陽系外から飛来した天体「オウムアムア」は、“宇宙人の探査機”だという説をハーバード大学の研究者が提唱し、UFOマニアを仰天させている。

 昨年10月、ハワイに設置された望遠鏡で観測された天体で、ハワイ語で「斥侯」「偵察者」を意味するオウムアムアと名づけられた。全長約400メートル、幅約40メートルの葉巻型で、当初は太陽系内の隕石や彗星もしくは小惑星と考えられたが、太陽系外から飛来した「恒星間天体」と結論づけられた。

 これは恒星などの天体の重力にとらわれず、銀河系内を飛んでいる天体(岩石、ガス、チリなどが重力で凝縮されたもの)であり、時速31万キロのスピードで太陽のそばを通過し、今年1月に太陽系を出た。内部を守るかのように炭素に覆われた硬い表面で、太陽に近づくと急加速したという。まるで太陽光で動いている箱のようだ。

 ハーバード大学の宇宙物理学者シュムエル・ビアリー氏は論文で「地球外文明によって地球圏に送り込まれた、完全に稼働中の探査機かもしれない」と指摘している。論文は学術誌「アストロフィジカル・ジャーナル・レターズ」の11月12日付に掲載される予定。

 このわくわくする情報について、UFO研究家の竹本良氏は「オウムアムアについては昨年発見されたときに隕石、ロケットの残骸あるいはUFOと騒がれていた。ビアリー氏の新説は、あまりにダイレクトなのでUFO研究家の私も面食らうが、面白い説だと思う。オウムアムアの予想以上の加速は太陽光圧によるものだとしている。異形な物体は確かに人工物に見える。シリンダー型UFOはまさにそれで、形態はそっくりだ。宇宙人の探査機が皆に発見されるようではおかしいとは思うが、ビアリー氏の異説を温かく見守りたい」と指摘している。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!