• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 東国原英夫氏「イッテQ!」のヤラセ疑惑に「80、90年代はそんなの当たり前」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東国原英夫氏「イッテQ!」のヤラセ疑惑に「80、90年代はそんなの当たり前」


東国原氏

 9日に放送されたフジテレビ系「バイキング」では、日本テレビ系の人気番組「世界の果てまでイッテQ!」で浮上したヤラセ疑惑について特集した。

 番組では「週刊文春」が同番組で5月20日に放送された「橋祭りinラオス」に「ヤラセがあった」と報じた騒動についてラオス現地の証言や、日テレの主張を紹介した。

 その中で東国原英夫氏(61)は「今の時代はやりづらいなと思いますね、バラエティー。仮にヤラセだとしたら、80、90年代はそんなの当たり前でしたからね」と業界の過去を振り返り「このコーナーはね、そろそろ祭りをでっち上げるコーナーにした方がいいんじゃないかなと思ってて。誰が見てもウソみたいな、パロディーとして(見る)そんなコーナーに押し上げていく段階に来たんじゃないかな」と提言した。

 さらに、MCの坂上忍(51)に「基本はエンターテインメントでいいんじゃないかな」と振られた土田晃之(46)も「僕もそう。昔から代々やっていますよ、みたいなのはダメだと思うんですけど、そもそもこの番組は、宮川大輔さんがいろんな過酷なことにチャレンジしていくのを笑うのがメインだから」と主張した。

 そして「これがあって、テレビがどんどんつまんなくなっていくのは嫌だなと思っている。だから、バラエティー番組は全部『これはフィクション』って載せればいいんじゃないですか。今こういうことやれるのはこの番組だけなんで、保守的になるのはちょっとヤダ」と語った。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!